yunyun-fighter’s diary

群発頭痛と闘いながらも一生懸命子育てに仕事に、夢を追いかける人生のブログ。

爆安コストコソーラーLEDライト!SunForce製を買ってみた!

はい!こんにちは!ゆんゆんちゃんねるんのゆんゆんふぁいたーです!(←某ユーチューバーのパクリ)

 

今回は久々にコストコに行って、駐車場用のソーラーLEDセンサーライトを購入したのでレビューします。

 

◎要件

購入にあたり、ゆんゆんふぁいたーの求める機能ですが、以下の通りです。車庫の屋根内で発光させたく、さらにソーラー発電がよいわけです。

・ソーラー

・作業できるくらい明るい

・ソーラー部と発光部が別体

・常時点灯に切り替え可能

・防水

 

はい、買いました!

通常価格4500円(税込)と爆安ですが、今回さらに1000円安くなり3538円(税込)でした!

f:id:yunyun-fighter:20201010232543j:plain




 

◎開梱

箱を見るとこんな感じ、常時点灯切り替え出来るか不安でしたが1500lmという爆光なら満足ですよね(笑)ただ、防水を謳いながらIP44というのは…

f:id:yunyun-fighter:20201010232618j:plain



開けてみると説明書が1枚とあとはモノ。他には取り付けのアンカーネジがオマケ程度についています。

f:id:yunyun-fighter:20201010232719j:plain




 

そしてスイッチはセンサー部の下に…
f:id:yunyun-fighter:20200920081101j:image

見えますかね…?上から順番に、

・タイマー時間

・反応距離

・モード

ですね。モードにはOn、Off、Autoがありますので、常時点灯が可能ということです。

 

◎取り付け

取り付けは見てのとおりですので適当にくっつけて繋げば終わり…ですが、一応説明書をチェックします。


f:id:yunyun-fighter:20200920231304j:image

 


f:id:yunyun-fighter:20200920231321j:image

 


f:id:yunyun-fighter:20200920231332j:image

この通り、ちゃんと日本語なのは好感度高いですね!

また、内蔵の充電池は交換可能ですよ!

 

 

さっそく取り付けしますが、ゆんゆんふぁいたーのお家の車庫の屋根はアルミとポリカなのでタッピングビスを使いたくないですね。

 

ということで、本体は屋根のフレームにタイラップで固定することに。

いきなりですが本体にタイラップの穴を開けます。

 

f:id:yunyun-fighter:20201010232838j:plain





どうせ3500円だと思うといきなり強気になるゆんゆんふぁいたーてす。そう、コモノですね。

ソーラーパネルは車庫の上にポイっと置いて、特に養生無しです。IP44を過信しすぎだって声が聞こえてきますが、そのとおりですね(笑)雨ざらしなら、IP67位がいいでしょう。IP69Kは不要ですが。

 

あとはコネクタ1本を挿すだけ。


f:id:yunyun-fighter:20200920195436j:image

裏から見るとこんな感じ。タイラップは正直ダサいですが表からは一切見えませんので気にしません。

 

 

◎点灯確認

装着してから初点灯!

いや〜爆光ですね!常時点灯は近所に迷惑なレベルです。

f:id:yunyun-fighter:20201010232953j:plain



この爆安でこの爆光!普通のホームセンターなら8000円位しそうな感じですね…!(それで暗かったらいやだなぁと、なかなか手が出せずにいました…)

 

というわけでレビューしましたが、いくつも買って家にいっぱいつけたいと思える明るさですね!

 

是非是非購入してみてください。

ゆんゆんふぁいたー

 

 

どんな作業よりもまずはオイル交換から!!JZX110(1JZ)オイル選びとやり方について

こんにちわ、ゆんゆんふぁいたーです、コロナだらけの毎日を生活している中でできることはとにかく進めてしまいたいと思い、とりあえずオイル交換です。

 

オイル交換ってみなさんお店でやっているのでしょうか??こんなに簡単で、すぐできる作業なので、品質とコストの面からもお店でやるより自分でやることをオススメします。工具も大して要らないですしね。

 

実際ゆんゆんふぁいたーもスタンドのバイト時代にたくさん交換した経験がありますが、とりあえず交換で!!と頼まれると、やっすいオイルを1L1000円で、交換工賃込みです!!!といってぶち込む感じでした。ぼろもうけとはこのこと。当然、異常に安いオイル交換を謳っている中古車屋なんかは、粗悪オイルをぶち込む上に、ほかの押し売りをひたすら繰り返して利益を出しています。

 

というわけで、ゆんゆんふぁいたーは昔からオイルはいいオイルを自分で交換というスタイルを貫いてきました。今もまったく変わりません。

 

というわけで、作業!!

○下準備

我がJZX110はややローダウンしていることから、そのままではさすがに作業できませんので、下の写真のように、木っ端に乗せます。

f:id:yunyun-fighter:20200913230120j:image

 通常、フロントの下回りを作業するときはバンパーを外しますが、オイル交換レベルでは外しません。

 

○今回準備したもの

今回準備したのはしたの写真の通りです。

f:id:yunyun-fighter:20201010233221j:plain



この通りですが、小さめのフロアジャッキ一発と、12mm-14mmのストレートロングメガネ、10mmのラチェット、オイル回収箱(カインズの6.5Lが安い)、オイル5.5Lです。

 

○オイル選びについて 

ゆんゆんふぁいたーは長らく1JZエンジン車に乗ってきましたが、オススメは今回準備した、日産のエンデュランス10w-50です。

 

今まで下のようなオイルを使いましたがこちらのような理由により、結局エンデュランスになってます。

 

カストロールEDGE RS 10w-50

⇒4L 4000円と安いですが、粘度がやや低い。オイル下がりの傾向が増して白煙が増える。

・HKS SuperOIL 10w-50

⇒4L 10000円と高い、変わった色でテンションが上がる。油温が上がりにくい。

・HKS JZ-G 10w-50

⇒4L 8000円と高い、糸を引くような粘度の高さがある。油温が上がりにくい。JZ系エンジン専用という安心感・・・。

・日産エンデュランス 10w-50

⇒20L 16000円と安い、粘度がしっかりしておりマフラーからの白煙は止まる。ただ、油温が一度上がると一気にシャバくなるということと、一瞬で真っ黒になるという弱点もあります。

 

よって、ゆんゆんふぁいたー的にはコスパ面から、エンデュランスを4か月もしくはドリフト走行毎に交換するようにしております。いままでこれで問題は起きておりません。ペール缶のごみがでますが、上手にバケツに変身させております。

 

 

○作業続き

ということで、作業の続きですが、フロアジャッキを入れるために、フロントリップを外します。ゆんゆんふぁいたーは六角と+ねじのついたタッピングビスで固定しておりますがこれは、ハンドルを切らなくても外せるようにするためです。

f:id:yunyun-fighter:20201010233307j:plain




 

外したら、下の写真のように助手席側の牽引フックにジャッキをかけてすこしだけ持ち上げます。理由はオイルパンのドレンボルトが下になるようにするためです。
f:id:yunyun-fighter:20200912221423j:image

 ここまでいったら、オイル回収箱を準備しますが、夏場はオイルが柔らかく、一気に出てくるので真ん中のスポンジを少し抜きます。

1JZは5L以上オイルが出ますし、しみこむ前にたくさん出てあふれることが多くありますので、このようにしております。


f:id:yunyun-fighter:20200912221444j:image

 

○オイル抜き

あとは簡単!!ドレンを外してオイルを抜きます。ここでは14mmのストレートメガネを使います。ちなみにこんなに長いのは不要ですが、ゆんゆんふぁいたーは長ーいストレートメガネが大好きです。
f:id:yunyun-fighter:20200912221506j:image

 

はい、数か月ですが、墨汁のような黒さ・・・さすがですね(笑)
f:id:yunyun-fighter:20200912221524j:image

ここで、一ネタですが、粘度の高いオイルを使っていると、どうしても最後までオイルが出るのに時間がかかります。そこで、必殺技としてゆんゆんふぁいたーはオイルフィラーキャップからありったけの熱い吐息を吹き込んでいます。

下の写真では、レベルゲージが抜けていますが、レベルゲージはさしておかないと意味がないです。
f:id:yunyun-fighter:20200913225938j:image

はい、というわけで出てきたオイルですが、下の写真の通りですね。

相変わらず真っ黒です。特にこの1JZとエンデュランスの組み合わせでは大して乗ってなくてもいつも真っ黒な気がします。
f:id:yunyun-fighter:20200912222225j:image

 

○オイル注入

まずはドレンを締めます。ブレーキクリーナーでしっかりと洗浄したら、締めますが、手締めして本締めはあと・・・・などとせず、一回で本締めしましょう。よくサーキットでオイルを撒くパターンは半分はこの締め忘れですので。

鉄オイルパンの1Jはよっぽど大丈夫ですが、トルクのかけすぎには気をつけましょう。とくに長い工具では確実にオーバートルクです。
f:id:yunyun-fighter:20200912222237j:image

 

あとはオイルを注入しますが、ゆんゆんふぁいたーはペットボトルを半分に切ったものでいつも注入します。また、ペール缶は重いので、4L缶(余ってたカストロール缶ですが・・・)に移して入れます。4Lはまるっと入りますので、すべて入れます。

f:id:yunyun-fighter:20201010233626j:plain

 

 

ここまでやったら、車を水平に戻します。エンジンをかけることになるのでフィラーキャップ等は一度締めたほうが良いですね。
f:id:yunyun-fighter:20200912222332j:image

 

そして、あと1Lくらいをレベルゲージを見ながら注入します。

1JZは入れすぎると一気にレスポンスが悪くなるので、半分を超えないように入れます。下の写真では、油滴がついて少し上回っていますが、ほぼ半分です。
f:id:yunyun-fighter:20200912223442j:image

 

最後はこの回収箱を燃えるゴミに捨てて完了です。


f:id:yunyun-fighter:20200912223457j:image

 

いかがでしょうか、ちなみにここまで作業としては30分です。クルマ屋の往復時間以下ではないでしょうか??

かかった金額はオイルが4000円ほどと回収箱500円です。10w-50のオイル交換ではほぼ最安でしょう。これなら頻繁に交換が可能ですね!

 

わけのわからない整備工場で粗悪オイルをぶち込まれるくらいでしたら、自分で作業が良いと思います。特にノーマル車高な方は本当に簡単な作業ですからね!

 

DIYのファーストステップとして、ぜひぜひチャレンジください。

 

ゆんゆんふぁいたー

 

群発頭痛患者に光が!水痘ウイルスワクチン(水疱瘡帯状疱疹ワクチン)接種!

こんにちはゆんゆんふぁいたーです!

 

今回は久々の群発頭痛ブログです。前回の群発期は2019年1月3日から開始しました。ちょうどその時こちらのブログを開設しましたが、2年周期の群発期を持つゆんゆんふぁいたーはこの冬、もしくは来春に群発期を迎えます。

 

 

yunyun-fighter.hatenablog.com

 

前回の群発期は通常の春ではなく、冬一発目にきたことから、今回もその可能性はあります。第二子出産のタイミングをきれいに避けることができたのはうれしかったのですが、群発期にばらつきがあるというのはいただけません。おかげで、今後1月に海外旅行や海外出張に行くのは少しためらわざるを得ません。

 

まぁ、2年に1度と思えば、半年ピッチ方々に比べたら大した事ないんですが、長時間の飛行機での発作を想像すると、いきなりパニックですね・・・(笑) 

 

yunyun-fighter.hatenablog.com

 

そんなことから上記ブログでも検討していた、群発頭痛に対して水痘ウイルスのワクチンが効果がある、という情報をもとに、今回その水痘ウイルスワクチンの接種について報告します。

 

水痘とは??

水痘ウイルスとは、簡単に言うと「水ぼうそう」「帯状疱疹」を引き起こすウイルスのことです。このウイルスは一度感染すると、症状が治まった後も肋間神経周辺にずっと存在し続け、痛みを発したりします。

 

とくに疲労などが蓄積した場合に発症します。それが、帯状疱疹や肋間神経痛となるといわれています、ウイルスが活性化するということですね。

 

こんかいのワクチンはその活性化を防ぐものです。また、治療薬バルトレックスその活性化したウイルスを弱める効果のあるもの、というわけです。

 

ですので、バルトレックスを服用した前回の群発期ではレベル10といわれるようなとんでもない「群発様」はこなかったと考えています。

 

まずは、いつも群発期にはお世話になっているクリニックへ診察へ行くと・・・。

群発頭痛向けにワクチン接種は初めてだね!!と普通に言われました。ただここ最近の頭痛学会などではかなり話題となった内容ですので、知ってはいたみたいです。クリニックの先生の実験台ですね!!なんでも誰よりも先にやる、遅いことならだれでもできる!!ゆんゆんふぁいたー家の家訓でございます。

 

ちなみにクリニックにワクチン常備はないようなので、お取り寄せをおねがいしました。あのイミグランの大群は常備しているのにワクチンはないというのは不思議ですが、そんなもんなんですね。

 

 

 

ワクチン接種にあたり

以下の資料と問診票が渡されました。いわゆる普通の問診票ですが、プレドニンなどのステロイドを使っているときはダメということだそうです。

ということは、群発期でステロイド治療を行っている場合にはステロイドが抜けるまで使えないということになります。このワクチンの効果が欲しい場合にはやはり寛解期を狙うのが良いと思います。

だって、一応生ワクチンですので、ウイルスの活性化中にブッこんだら、一緒になって襲ってきそうですからね。

 

f:id:yunyun-fighter:20200826201327j:image


f:id:yunyun-fighter:20200826201336j:image

 はーい、ということで、じっくり読んだら問診票を記入します。ゆんゆんふぁいたーは50歳以下ですので、保険適用外ですので、実費になります。


f:id:yunyun-fighter:20200826223226j:image

 費用について

下の写真の通り、費用は7700円です。診察が1100円でしたので合計8800円となります。実費ですので高くても仕方ないですが、イミグランの大群を買いまくることを考えたら相当にやすいです。

あとは何年このワクチン接種が機能するかですが、正直2年に1度接種してもいいかなと思っています。だってそれほど痛いし、なんなら違う悪魔をつれてこられたら困りますからね!!
f:id:yunyun-fighter:20200826223236j:image

 

実射

ということでいざ注入!!こんなきれいな写真がなぜ撮れたかというと、本ブログをやっていることを先生に説明したら、クリニックの先生はつぶれた箱をきれいに戻して撮影用に配置してくださいました!!

群発の時はいつも我がまま聞いてくれる上に、頭痛じゃないときもフレンドリーに理解いただける先生!!この群発との闘いの人生で最も感謝している人ですね!!

f:id:yunyun-fighter:20201013230707j:plain



まとめ

注入は上腕外面にサクっと注射で、痛みもないタイプですね。たまにギョウワ~~~~と痛みが広がるワクチンもありますが、水痘は大したことありません。

 

これで少しでも群発が良くなれば安いものです。

 

今群発期の皆様、寛解期の皆様、群発頭痛も少しずつ解明されて、ついにワクチンという対応策もできるようになりました。頭痛学会の報告では90%以上の患者に効果があるとのこと。

 

やまない雨はない、空けない夜はない、といいますが、本格的に群発頭痛の対処法が見つかれば、わけのわからない整体やなぞの石に大金を払わず、普通の人生に戻ることができます。

 

ことしの年末から来年の夏までの間に群発が来ないことを祈りつつ、本報告を終了したいと思います。

 

Have a Good life!!

ゆんゆんふぁいたー

 

 

コロナ禍でも行ける??子連れ長久手トヨタ博物館平日リポート!!

こんにちわ!ゆんゆんふぁいたーです!

しゅうきんPのウンコロナちゃんのおかげで夏の休みまでどこもいけなくなっているという状況ですが、休み中にトヨタ博物館に行った後輩が意外とすいているという情報をゆんゆんふぁいたーに提供してくれました!!

 

というわけで、今回は子連れ(しかも1歳と3歳の両方)をつれてコロナがいなさそうなところを狙っていくというレポートです。

 

まぁ、当たり前ですが、1歳児をつれていますので、混んでいたら帰る気でいきました。だって、行かなくても死なない観光に行ってコロナで死ぬなんてあほくさいですよね。ゆんゆんふぁいたーが住む岐阜の東濃地方はなぜか孫から祖父母までそろってジムに行く文化があるようですが、このご時世で行くなど低能極まりないです。ジムでクラスター2か所も起きているというのに。。。

ちなみに、今回3歳児はマスク着用、1歳児はマスク着用ができないので、基本ベビーカーです。今回も大型ベビーカーのコサットギグルが出動しました。

 

yunyun-fighter.hatenablog.com

 

 

 

はい!!まぁ文句ばかり言っていても仕方ないので、8月の平日(金曜)の午前に行ってきました!!岐阜の東濃地方から1時間強、愛知県の長久手にあるトヨタ博物館!!名古屋の豊田産業記念博物館とは異なりますのでご注意ください。 

 

入口はこんな感じ!!いきなり人がいない感・・・。

f:id:yunyun-fighter:20201013230803j:plain


 

駐車場も下のように数台という感じ。これならなんとか子連れでも入れそうですね!!

f:id:yunyun-fighter:20201013230837j:plain

 

 

ただ、やはりコロナに対応するため、サーモグラフィーや消毒などはありました、人数が多くなると入場制限するそうです。

ちなみに入場料は大人1200円、未就学児は無料です。ゆんゆんふぁいたーはJAFの会員なので大人1000円になりました。

f:id:yunyun-fighter:20201013230924j:plain


 

前回来たときはとってもフレンドリーだったお姉さまたちも少しコロナ意識を感じました・・・。本当に迷惑なウイルスですね!!ゆんゆんふぁいたーの大好きな夜遊び飲み歩きがまぁあああああったくできません。最後に飲みにいったのはいつのことだか。

f:id:yunyun-fighter:20201013230956j:plain



 はい、はいるとすぐ見えるのがトヨタクラウン???いや~正直1JZ搭載したJZS171以外まったく興味がないので、まぁいいです。たぶん当時もあのエンジンがはえぇ~とか若い者たちは言っていたのでしょう・・・。

f:id:yunyun-fighter:20201013231031j:plain




トヨタ博物館という名前ですが、展示車両はほとんどトヨタではありません。最近のクルマは確かにトヨタよりですが・・・。

下の車両はあの前澤さんも大好きブガッティ!!!ヴェイロンやシロンにつながる車だと思うと、こんな近くで見ていいのかと思いますね!!フロントグリルをちゃんと継承しているところがブガッティのいいところです★



f:id:yunyun-fighter:20200826000023j:image

 

下の写真はアルファロメオ・・・興味がわきません。

f:id:yunyun-fighter:20201013231106j:plain

 

おおっと、この辺りからはだんだん興味がわいてきますね!!

f:id:yunyun-fighter:20201013231137j:plain




 

この下の写真のコルベットは個人的には大好きです。真っ白なボディに真っ赤なシート!!いやぁ~これに乗ってアメリカのウェストコーストあたりを流していたら金髪女子が増水後のヤナの鮎のようにかかったでしょう!!!

塩焼き?潮干狩り??・・・・やめときましょう。

f:id:yunyun-fighter:20201013231209j:plain

 

このツートンはたまりませんね!!まあヘッドレストの飛び出しロールバーは欲しかったかな。完全に危険な車両ですから。

f:id:yunyun-fighter:20201013231250j:plain

 

テール!!!!!中期型のリモワのトパーズのようなデザイン!!たまりませんね。ただ、これが前だと言い張られたら、そう思ってしまうかもしれません。あぁ、前後わからないといえばヴェロッサを思い出します。ちゃんと見ればそんなことないんですが・・・。BNのエアロでも組んだら最強にかっこいいんですが・・・。

f:id:yunyun-fighter:20201013231324j:plain

 

ここで真打!!2000GTとヨタハチですね!!もうかっこよすぎです。ここまでのロングノーズって今もそんなにないですよね!!注目すべきはドアとフェンダーのつなぎ目ライン!!フロントウインドウから相当前にあるんですよ。その部分開いてどうするんですか~~と聞きたくなります。

f:id:yunyun-fighter:20201013231400j:plain

 

こちらは天才タマゴのボスティマちゃん。バブル生まれなので、下の2枚の写真のホイールをくらべると・・・・・

f:id:yunyun-fighter:20201013231441j:plain

 

 

わかりますか???左右でホイールのひねりが走行方向に対して同じ。つまり左右で違うホイールなんです!!金型も別だし品番も別・・・バブルです。

f:id:yunyun-fighter:20201013231516j:plain



 

我が子たちは結局モノホンよりオモチャに見えるものに食いつきます。1歳でカーボンモノコックのボディは刺激的ですよね。。。いやいや、うちのイタリア製ヘリコプターのGoblinはカーボンまつりですよ??え??
f:id:yunyun-fighter:20200825225438j:image

 

 

yunyun-fighter.hatenablog.com

 

はい、2000年代のクルマたちですね、わざとか知りませんが、この辺りからトヨタまつりです。たしかBNR32とかも保管してあるのにこのへんの年式以降はトヨタなんですよね~おいおいJZX系はどこにいった??と突っ込みたくなります。

 

とりあえずLFAあるからみますか、という感じでこの和製スーパーカーを眺めます。

 

f:id:yunyun-fighter:20201013231554j:plain

4000万円ちかいこのクルマにしかついていなかったカーボンローターもいまやカイエンにもついてます。どんどん普通になっていくんですね。

 

f:id:yunyun-fighter:20201013231624j:plain



 

おおっと。JZXではありませんが、MZ10ソアラですね!!GZかな?7M-GTEUって見た目もかっこよくていいエンジンだったと聞きますし、乗ってみたかったですね~。
f:id:yunyun-fighter:20200825225548j:image

この辺の車両は全部この一文字テール!!JZX81後期くらいの一文字テールが洗練されてきて好きです。
f:id:yunyun-fighter:20200825225632j:image

 

ここがこの館の終了ポイントですので、一度1階まで下りて、その後文化館へ向かいます。
f:id:yunyun-fighter:20200825225716j:image

 

この辺りにも人はほとんどいません。
f:id:yunyun-fighter:20200825225748j:image

 

道中にはミニカーゾーンがあります。ショーケース内ではありますが、子供たちは一瞬でへばりつきます。
f:id:yunyun-fighter:20200825225814j:image

 

したの消防車ばかりのショーケースなどもはや増水後のヤナです!!ここをめがけてうちの2匹は飛んでいきました。
f:id:yunyun-fighter:20200825225834j:image

 

ここから文化館ゾーンですが、今回は昔描いた未来のクルマという展示でした。
f:id:yunyun-fighter:20200825225901j:image

正直ほとんど興味ないんですよね…昔のことだし(笑)
f:id:yunyun-fighter:20200825230038j:image


f:id:yunyun-fighter:20200825225919j:image

 

ネーミングと企画倒れというところでちょっとわらってしまったのがこちら。飛行機のほうは大丈夫でしょうかね??気になります。
f:id:yunyun-fighter:20200825225941j:image

 

ごぞんじセラ!!ガスダンパーまつりですね。何でもかんでも上に開けばかっこいいわけではないんですが、バブルなんですよね~うらやましい時代です。
f:id:yunyun-fighter:20200825230059j:image





ここからは歴史学習コーナー的な感じです。こんなところあったっけ??と思いましたがおそらく新設されたのでしょう。ミニカーやおもちゃのくるまが展示してありますので子供にはうれしいコーナーです。

f:id:yunyun-fighter:20200826000226j:image

上に飾ってある展示は大人向け、下は子供向けとなっており、親子ですごく楽しめます。迷子には注意が必要です。

f:id:yunyun-fighter:20201013231709j:plain

 

 

f:id:yunyun-fighter:20201013231747j:plain



 

どどどどーmm。

最後に出てきたのはレクサスLCのプロトモデル。ほぼこのまま今市販されていることを考えるとやはりトヨタはすごいと思いますね。ヘッドライトなんてLED3発でカバーすらないですが。かっこよく見えるところも面白い。

f:id:yunyun-fighter:20201013231818j:plain

 

 

当然ですがガラスサンルーフ、大径アルミホイールツライチセッティング、さらに低車高ですから、魅せる車の要素はそこって大体わかっているんですね!!

 

f:id:yunyun-fighter:20201013231850j:plain

これでキャンバーついてたらもっとかっこいいかな。あと、フェンダーブリスターよりアーチのでたバーフェンスタイルがすきですね。

f:id:yunyun-fighter:20201013232210j:plain



 

ヘッドライトはややエヴァ的です。ヘッドライト自作の方もよくいらっしゃりますが、これならなんか作れそうな気がしますね。黄ばんでしまうレンズなどいらぬ、といわんばかりの暴走・・・。

 

 

f:id:yunyun-fighter:20201013232243j:plain



 

 というわけで、今回は子連れでベビーカーをつかってみてきました。

ほとんどすれ違う人もいないし、屋内施設ではありますがコロナを気遣う必要はほとんどないかと思いました。

 

小さい子連れのみなさんは、平日にこんなところに出掛けてみてはいかがでしょうか。コロナリスクを最小限にして最大限の体験ができますよ。

 

 

ゆんゆんふぁいたー



クルマを趣味とするという贅沢~振り返り2~

こんにちわ、ゆんゆんふぁいたーです。

先日のゆんゆんふぁいたー車趣味生活振り返りブログ第2弾!!そもそも、いろいろな経験をすることを信条としているゆんゆんふぁいたーがなぜ今振り返りなのか。

 

そう、新型コロナです・・・・ではなく、やはり息子二人が成長するにつれ、時間やお金に制約がでてくることから、残すことの大切さもじわじわわかってきているのです。

ゆんゆんふぁいたーの父親の部屋には数多くのトロフィーが置いてあり、それ一つ一つに努力や仲間、物語があったとおもうのですが、それは数枚の写真でしか知ることはできません。まぁ、聞けばいいのですが、いまさら聞くのも野暮ですね。

・・・いや、その前にコロナのせいで帰省できません。

 

 そんなわけで、やはり、ブログという形で残すことで、いつか息子たちが見てくれればなんて思い始めたわけです。

さてさて早速行ってしまいましょう!!

 

○YZサーキット東コース

 

それなりに走れるようになったせいで、攻めすぎてボロボロという状態。

当時から常に自走&次の日には元通りというポリシーでしたが、エアロは2セット持っていたため、サーキット用エアロはこんな状態になることも・・・。

f:id:yunyun-fighter:20200808225416j:plain

 そりゃここまでいけば見られますよね・・・。

f:id:yunyun-fighter:20200808230656j:plain

みんなYZ東コースの逆走の楽しさにハマっていました・・・。 

 

○千里浜なぎさドライブウェイ

ここは、例のHP「直管係長」でも紹介されて、ドリ車で行くと映える場所として、向かいました・・・。砂浜がほんとに道路として登録されており、走れます。

 

f:id:yunyun-fighter:20200808230141j:plain

 

 ただね・・・。進入路がすごいんです。エアロ付きの車高短などはいれません。

なので・・・そう、外して入れば安心、ということで、フロントバンパーだけ外して先にインさせて、エアロレスで進入しました。

そりゃ奥のカロゴンのおっちゃんもガン見ですわね。

f:id:yunyun-fighter:20200808230227j:plain

 ちなみに進入路はこんな感じ・・・。このときエアロはありません。

まぁ公道だといわれてしまうと、エアロ&ナンバーが外れた状態なので・・・ハイ、時効です。 

f:id:yunyun-fighter:20200808230316j:plain

 

 

岐阜県白川郷

当時からゆんゆんふぁいたーはお金がなかったので、どこへ行くにもJZX100でしたが、とにかくとにかく高速走行が嫌い。エアロはバタバタするし、単調なので、異音が気になって仕方ない。ということで遠出はしませんでした。

ほら、岐阜からでてません。

 

f:id:yunyun-fighter:20200808230429j:plain

でもでも、こんな何気ないところに青いドリ車、かっこいいでしょう?

写真に残すことに意味があると当時は思っていました。f:id:yunyun-fighter:20200808230449j:plain

 

 見ていただければお気づきの通り、リヤワイパーがダサいですね~!!!ほんとレスオプションというものも知らない若い自分にゲンナリです。ただ、当時からサンルーフは本当に欲しくてほしくて・・・でも買えなかったんです、お金がなくて。

でも、今JZX100の5速サンルーフ付きって、200万こえますよね?昔は高かった・・・から今思えば昔は安かったになってきてます。本当に1JZ車両の高騰はどこまで行くのでしょうか??唯一今オートマで100万以下で買えそうなのが、JZX110、JZZ30、JZS171の3車種でしょうね・・・そのうちツアラーVはM3を超えるのでしょうか・・・。

 

yunyun-fighter.hatenablog.com

 

 

○初の大会出場

ドリフトし始めてだいぶたったころでしたが、初めて大会というものに出てみました。仲間内でしか走ってこず、大会ってなんなん?みたいな感じでしたが、大学時代から通っていたドリフト系チューニングショップの社長(今はすごい有名な選手)に手ほどきを受けました。

 

f:id:yunyun-fighter:20200808231003j:plain

f:id:yunyun-fighter:20200808231608j:plain

 そして結果は・・・。

下のような賞をいただきました、過去、初めてバンドでライブやったりで緊張したことはありましたが、人生でもまれにしかない緊張だったのを覚えています。だって、車の中に1人でそのまま闘いにいくって、なかなかないですよね??

f:id:yunyun-fighter:20200812061804j:plain

 

信州ビーナスライン

やはり近場ですが長野県は信州ですね、上方向にはすごく進んでいます。標高が高いのでMT載せかえツアラーVでスロットルのダッシュポットレス、軽量フライホイール車両はクラッチ切るとストール・・・。

下りはクラッチ切る時間を短くするため鬼シフトで降りてきましたよ(笑)

 

f:id:yunyun-fighter:20200812062211j:plain

天気は優れませんでしたが、こういうクルマで行くと、写真が映えます。

f:id:yunyun-fighter:20200812062351j:plain

ちなみに、このときはタービンの直下のウエストゲーターのタービンとのつなぎ目(3点ボルトのフランジ)が旅行途中で緩むという悲劇に襲われました。

途中で上側から締め直ししてなんとか帰ってきました。こういうのがあるからDIYできる人間は強い!というか、ショップでつけてたら緩まないよね(笑)

f:id:yunyun-fighter:20200812062901j:plain

やっぱり長野の山奥はどこでもブラックマークがあり、某氏が長野出身なのもうなずけますね。練習し放題やん、と当時はうらやましく思っていました。

f:id:yunyun-fighter:20200812063220j:plain

 

南紀白浜2回目

JZX100系後輩がフルエアロオールペンまで実施して、ついに2台での撮影旅行が実現!たしかにどちらもサンルーフないし・・・とかありますが、ほんとにかっこよかったですね。どこに行っても人目を惹きました。

f:id:yunyun-fighter:20200812063530j:plain

このとき、フロントバンパーは新調したワンダーのエアロをワンオフ加工!!出来上がっていきなり車高を下げて白浜までの旅行に挑みました!!

ここは42号線の道の駅 f:id:yunyun-fighter:20200812063759j:plain

今のJZX110と違ってフルバンパーでしたが、すっきりしてほんときれいですね。インタークーラーとのバランスも良かったです。ホテルの前でも並べてみてます・・・若い!!

f:id:yunyun-fighter:20200812064154j:plain

2台で行くことにより、走行中の写真が撮れるのはいいですよね。ただ、2台でかつ2人ずつ乗らなきゃいけないですけど。下の写真を見ると、本当にロードクリアランスがないですね★たぶん串本付近の橋だと思います。

f:id:yunyun-fighter:20200812064430j:plain

 

高速は嫌いですが、このときはさらに切れ角アップナックルが入っていたのでフーラフラでした。120km/hなんて走れたもんじゃない。途中茶色(ノーマルナックル)と交換して乗りましたが、ノーマルはよかった・・・。

f:id:yunyun-fighter:20200812064611j:plain

 

そんなこんなで、クルマ趣味生活振り返り第二弾をお届けいたしました。

また気が向いたら第三弾をお伝えしようと思います。

 

ゆんゆんふぁいたー

 

モーリシャスのタンカー座礁事故位置とゆんゆんふぁいたーのモーリシャスの思い出

『神はモーリシャスを最初に創り、そしてモーリシャスを真似て天国を創った』

 

トム・ソーヤの冒険で有名なアメリカ人作家マーク・トゥエインは上のような言葉を残しています、そんなモーリシャスで残念なことに日本企業のタンカー座礁で大きな環境影響が出ています。

 

インド洋の貴婦人とも呼ばれるモーリシャスはその名の通り島全周がサンゴ礁に囲まれた、とんでもなく美しい、そして自然豊かな国です。

 

今回は、珍しく時事ネタ的な内容を含めてゆんゆんふぁいたーのモーリシャスの思い出をつづろうと思います。ニュースの情報にプラスして、過去に行ったモーリシャスの写真を加えて、モーリシャスってどんなところ?という方にも見ていただければと思います。

 

モーリシャスってどこ??

 

意外と日本人にはなじみがないですが、ヨーロッパのハワイって感じです、実際行くとイタリア人、フランス人、ドイツ人などいっぱいいます。

場所は以下の通り、マダガスカル島の横にあります。

 

f:id:yunyun-fighter:20200810092608j:plain

 

さて、今回のタンカーの事故ですが、日本の商船三井のタンカーということで、船の運航のモトのモトは商船三井です。当然、船籍はパナマだったりするのでしょうし、運転しているのもべつの会社でしょうが。

 

 

○事故の場所は?

 

いままで、検索すると大体タンカーから油が流れている写真はでましたが、実際モーリシャスのどこなのかはわからない写真ばかりでした。モーリシャスが好きな人たちにとってここはきになるとこですよね!!

f:id:yunyun-fighter:20200810162313j:plain

写真から確認できることは丸い島が後ろに合って、その奥にとがった山があるということくらいですが、この写真とほかの情報から、ここは島の南東の都市マエブール付近ということがわかりました。

下の図の通り、リーフの境目と丸い島、山が一致しますね!

f:id:yunyun-fighter:20200810162910j:plain

 

島全体図で見ると下の図の水色のまるで示したところです。ちなみにゆんゆんふぁいたーが行ったのはグランべは北西側、オレンジ色の○で示したところです。その下には首都のポートルイスがあります。

f:id:yunyun-fighter:20200810094615j:plain

 

そうか、わかったぜ・・・リーフの浅瀬に乗ったから座礁したんですね!!

って、あんな巨大な船でなぜこんなギリギリ通ってんだよって思いますよね??

インド洋は超広いのにインを攻めすぎですね・・・。

座礁して1か月も放置したといいますし、そもそもこんなわかりやすいところで座礁する理由も不明ですし、ちょっと闇が深そうですね・・・。

 

ですが、ゆんゆんふぁいたー自身が行った海の中では、ダントツの美しさを誇るモーリシャス。はっきりいって、モーリシャスに比べてしまうとハワイの海は泥水です。

ビーチからさほど離れていない海中に素潜りして、数十m先が見えるという透明度な場所は世界でもあまりないでしょう・・・。

なんとか美しい海が保たれるといいのですが・・・。日本からも支援6名が向かったようですし、相当進むのでは?(笑)

 

○実際モーリシャスってどんな感じ??

 

こんな状況になっていて、残念ではありますが、その名前が有名になっていることは良くも悪くも復興人気になる可能性もあります。実際に行ったことのある人の少ない場所ではあると思いますのでゆんゆんふぁいたーが実際に行った時の写真を並べていきたいと思います。

・空港

 

比較的新しい空港で、A380も離着陸が可能です。実際ゆんゆんふぁいたーが行った時もドバイからA380でしたし、ヨーロッパからの観光客は大変多かったです。

f:id:yunyun-fighter:20200810163706j:plain

こちらがエミレーツ航空A380。これからますます稀有な存在となりますね。ANAのフライングホヌだけが身近なA380となりそうです。

f:id:yunyun-fighter:20200810163828j:plain

ちなみに現地に住む日本人は数名のみ。ゆんゆんふぁいたーが行ったときは空港で挨拶にいらっしゃいました。同日観光で日本人は数名いたとのことでした。

まぁ、それほど日本人が行かないリゾートということですね。

 

・街(グランべ)

 

モーリシャスはグアムよりも小さな町が点在するような島国ですので首都ポートルイスを除き、街という街があるわけではありませんが、小さな街にも洗練された島国感があります。

f:id:yunyun-fighter:20200810164039j:plain

毎日朝は地元の清掃が入っているので、見える範囲はとてもきれいです。

裏路地はちょっとアレですが・。

f:id:yunyun-fighter:20200810164215j:plain

ちょっとしたブティックのような並びもあり、海、自然、ときどきショッピングという感じ。ハワイのワイキキのように品川に海をくっつけた忙しい感(笑)はありません。

f:id:yunyun-fighter:20200810164320j:plain

 ゆんゆんふぁいたーは現地では自転車で移動していました。

f:id:yunyun-fighter:20200811160636j:plain

・ショッピングモール

 

グランべには大きなショッピングモールが1店あります。正直大きな街ではないので、必要十分な感じです。ただ、お土産屋も兼ねているので、半分はそっち系の内容ですね。

f:id:yunyun-fighter:20200810164654j:plain

中に入るとなぜかすいています。そして中華風の竜がお出迎え・・・。

f:id:yunyun-fighter:20200810164837j:plain

ちなみにモーリシャスは英語、フランス語、クレオール語が混在しているので、いろいろ読めません。地名もカタカナにしにくい謎の地名ばかりですしね。

f:id:yunyun-fighter:20200810165040j:plain

・海

 

モーリシャスの海といったらこれですね。ミルキーブルーな。

そもそもどこから海かわからないほどの透明度です。

f:id:yunyun-fighter:20200810165841j:plain

船がいる横でさえ異常な透明度ってすごくないですか??

f:id:yunyun-fighter:20200810165940j:plain

さらに朝の海はおだやかでとてもきれいです。

f:id:yunyun-fighter:20200810170059j:plain

・空

 

空なんてどこでもいっしょだとお思いでしょう・・・。これを見上げてビールを飲むと・・・・。

f:id:yunyun-fighter:20200810170152j:plain

そして街並み越しの空だって

f:id:yunyun-fighter:20200810170309j:plain

 

 ・ホテル

 

ゆんゆんふぁいたーが宿泊したのはグランべにあるル・モーリシアホテル。非常に良いホテルでした。

f:id:yunyun-fighter:20200811154337j:plain

ベランダからの眺めは自然と海・・。

f:id:yunyun-fighter:20200811154547j:plain

ホテルのビーチはこの通り、基本的にモーリシャスはマリンスポーツやビーチ設備までホテル代に含まれているので、使い放題です。

f:id:yunyun-fighter:20200811154904j:plain

エントランスもよくあるビーチリゾートのデカイホテルとは違う感じ。ただ、それなりのデカイホテルではありますが・・・

f:id:yunyun-fighter:20200811155203j:plain

夜はプールサイドバーで演奏&ビール!!

f:id:yunyun-fighter:20200811155334j:plain

 

・ごはん

 

ホテルのディナービュッフェです。まさかの日本食もありました!!

f:id:yunyun-fighter:20200811155525j:plain

ブレックファストもしたの通り。基本的に外とツーツーな場所ばかりです。台風とか来ないんだろうかと心配になる建物のあっぱっぱーっぷりです。

f:id:yunyun-fighter:20200811155614j:plain

f:id:yunyun-fighter:20200811155808j:plain

 

そんなこんなで、今回の座礁の位置把握から始めたゆんゆんふぁいたーのモーリシャスの思い出写真でした。

 

コロナであっちも大変なことになっているとはおもいますが、生きているうちにもう一度モーリシャスにいけたらいいなぁと遠い日本から思いをはせています。

 

ウンコロナと重油のダブルパンチからモーリシャスが立ち直れるとよいですね!!

 

ゆんゆんふぁいたー

JZX110のエアコンモード切り替えダンパーサーボモーター不具合修理

こんにちは!ゆんゆんふぁいたーです。

やっとデフマウントの交換も終え、我がJZX110が完調だぁ~と長い長い梅雨を送っていたゆんゆんふぁいたーですが、この梅雨の間に気づいてしまった、エアコンの不具合について、修理したいと思います。

 

○不具合内容

 

①エアコンの風を前向きにしているにも関わらず、フロントウィンドウへ冷気が出ていて、窓の外側が曇る。

②エアコンの風向きモード切り替えを押しても風の出る場所が変わらない気がする。

 

○原因は?

 

エアコンのモード切り替えはダッシュボード内のサーボモーターがおこなっていること、画面上では切り替えができていること、の2点から、エアコンのモード切り替えダンパーサーボモーターに不具合があると断定。

 

以下の写真の通り、画面上ではモード切り替えができていることになっています。
f:id:yunyun-fighter:20200808211033j:imagef:id:yunyun-fighter:20200808211055j:image

 

○修理

 

さて、修理をします。まずはサーボに辿り着きましょう。

助手席のグローブボックスをはずします。

f:id:yunyun-fighter:20200808212142j:image


下の写真の青まるの位置の、上側3か所のねじを外します。
f:id:yunyun-fighter:20200808212620j:image

その後、下側の青まる部の2本を外します。
f:id:yunyun-fighter:20200808212631j:image

取り外すとこんな感じです。意外とスッキリしてますよね!余計な配線はETCくらいのもので、あとは過去に色々ついてたのを無くしました。ゆんゆんふぁいたーが社外メーターが嫌いなのは、この辺りの配線が増えてしまうことも理由の一つです。f:id:yunyun-fighter:20200808211225j:image

で、問題のヤツはここ…同じような見た目のやつが上や横に3人そろっていますので、この状態でエアコンONして、本当にこいつが死んでいるか確認しましょう。
f:id:yunyun-fighter:20200808212649j:image

いろいろやってみて、やはりこいつが動いていないことが確認できましたので、さっそくねじ3本を外してみます。ちなみに、ボタンを押すと一応動くのですが、なんか痙攣しているようで、モーターというより、位置検出のセンサが原因と直感でピンときました・・・。
f:id:yunyun-fighter:20200808211320j:image

 

はい、はずれました、このモータの軸には扇のような白いプラスチックに溝とピンがついていて、ピンは対面に見える溝に、溝には右に見えるピンが入るようになっていました。
f:id:yunyun-fighter:20200808211351j:image

 

外した位置関係でそのまま取り付けたほうがやりやすいので、とりあえずモータ軸位置に合いマーク入れときます。この手のモノをいろいろやっていると、あれっ??てなるときもありますので、このように先手を打っておきます。
f:id:yunyun-fighter:20200808211414j:image

 

摘出完了~~~~。ねじ一本無いツメのみで構成された樹脂力高めなボディ!!いやぁ、こんな樹脂設計ができるといいなぁ~。触った感じはPA66ですね。ちょっとファイバーはいっているかな。
f:id:yunyun-fighter:20200808211450j:image

 

はい、本当にねじありませんでした。ツメをひとつづつ起こすだけで分解完了です。さて、どう戦うかですが、グリスがまぁまぁついていて、しかも大きなギヤの裏側は位置検出センサです。

一度完全分解するとすると、通電性グリスが必要ですし、ばらばらにするなら一度脱脂しなければなりません。
f:id:yunyun-fighter:20200808211511j:image

 

悩んだ結果、とりあえず接点復活剤を位置検出センサ周辺にぶっかけることにしました。簡単ですが、意外と効果があることが多いです。
f:id:yunyun-fighter:20200808211556j:image

 

余計なところにかける必要はありませんので、この位置にブシュっと。いろいろなとこいぶっかけまくる人がいますが、何かを進めるときには問題となっているところをつかんで集中的に攻撃するべきです。

あれもこれもとやっては、結局変なところで逆に悪くなった時に気づきませんからね!
f:id:yunyun-fighter:20200808211725j:image

 

ふたを元に戻したら、そのままカプラを接続して、エアコンをONしてみます!!

モード切替を押してうごくのか・・・・・。

最初はやはり痙攣気味だったのですが・・・。写真の状態で何度か動かしたら正常に戻りました!!
f:id:yunyun-fighter:20200808211807j:image

 

全バラシすることなくうごいてしまったので、元通りに組み付けていきます。この作業の最大の難関はこのサーボASSYをつけるところでしょう。上記に記載したように二つの可動部を一度に接続する必要があります。焦らずしっかりと実施します。

 

できたら手前のねじをさっさと締めてしまいます。奥側は下の写真のように、短いドライバーが役に立ちます。アストロ行って買ってから作業がいいですよ。
f:id:yunyun-fighter:20200808211834j:image

 

というわけで、意外と簡単に治ってしまいましたが、今回の工具は以下の通り。短いマイナスはサーボASSYのツメを外すのに使用しました。

コンタクトスプレー以外は本当に誰でも持ってる工具ですね!!
f:id:yunyun-fighter:20200808211853j:image

 

 ざっと紹介しましたが、作業に慣れていない方でも原因がつかめれば簡単にできますので、同様の症状となった方がいらっしゃったら、ぜひお試しください。

 

ゆんゆんふぁいたー