yunyun-fighter’s diary

群発頭痛と闘いながらも一生懸命子育てに仕事に、夢を追いかける人生のブログ。

コスパ最強乗用玩具といえばベンツの野中製作所!!GLE63をSLSと比較レビュー!

こんにちは、ゆんゆんふぁいたーです。

第二子がついに8ヶ月となり、第一子の息子が愛用していたベンツSLSについで、GLE63を購入しましたのでレビューしたいと思います。

 

◎背景

 

本ブログにもたびたび登場してきましたベンツSLSですが、今3歳になる上の子が1歳を過ぎたあたりで買い与えました。

雨の日も雪の日も、母親の入院中も常に乗り続けたSLSはすでに過走行でボロボロ。朝起きたらベンツ乗りたーい!!と叫ぶ日もありました。当然乗り始めたら家にも入りません(笑)

ですが、外で遊ぶことや運動することという基本的な面でとっても成長を助けてくれた気がします。ということで、下の子も気に入ってくれるかはわかりませんが、2代目を購入することとなったわけです。

 

◎購入!

 

いきなり完成した写真を載せちゃいましたが、今回購入したのは右の赤いベンツ!GLE63ですね!クーペだとばかり思っていましたが、実はクーペではありません。GLEクーペのブタケツが大好きなゆんゆんふぁいたー的にはちょっとションボリ。
f:id:yunyun-fighter:20200202104606j:image

でもでも、めちゃくちゃカッコイイし、進化したハンドルでとても使いやすかったのでいいです!!

 

◎レビュー!!

 

まずは箱から〜!!
f:id:yunyun-fighter:20200202195922j:image

まぁまぁでかいっすね!これは実は年末のクリスマスにトミカのデカイコースと一緒に購入してありました!

 

近所のショッピングセンターで購入でしたが、クリスマスに走るパパそのものなカートを押していました…(笑)
f:id:yunyun-fighter:20200202203652j:image

 

話がそれましたね(笑)それでは、開けていきましょう!上の子のSLSのときとは違い、かなりパツパツに詰まっています!

やはり乳幼児向けのハンドルや

ガードが含まれているので部品は増えていますよ。
f:id:yunyun-fighter:20200202200121j:image

 

全部出すとこんな感じ!すでに新車から2年経ったキョリトビ過走行のSLSとは色艶が全然違いますね(笑)
f:id:yunyun-fighter:20200202200150j:image

 

このベンツシリーズはハンドルに電池を入れると音が鳴りますが、電池入れ替えが半端なくやりづらいです。よって、オキシライド乾電池のように長持ちするものを選択したほうがいいです。
f:id:yunyun-fighter:20200202200221j:image

 

ハンドルをつけるといきなり完成形…

おお、なんだか背もたれがカッコイイっすね。合皮ですが、背もたれカバーが付属しています。SLSと2000円の差とは思えません・・・。
f:id:yunyun-fighter:20200202200245j:image

 

でもこれ、後ろのハンドルをつけるとつかないんですよね・・・。なので、下の子が自分で乗るようになるまでは使えません。
f:id:yunyun-fighter:20200202200313j:image

 

さて、次に乳幼児用ガードをつけていきます。これをつけるとハンドルはロックされるし、体が落ちないようにワクとなります。
f:id:yunyun-fighter:20200202200342j:image

 

で、後ろの押し手ハンドルをつければ・・・・完成!!

 若干SLSよりワイドボディなので大きく見えます。また、いろいろついているので結構重くなっています。

樹脂の一体成型でこんなにきれいにできるんですよ~なんだかすごいですよね。

しかもSLSは5000円、GLEは8000円弱というコストパフォーマンス!!恐るべしです。
f:id:yunyun-fighter:20200202203148j:image

 

さっそく、息子たちを乗っけてみるとガードと押し手、そして足置きのありがたみがわかります。ハンドルは押し手部分で操舵できるので曲がるのもラークラク

なぜ上の子の時にこちらを買わなかったのか・・・。
f:id:yunyun-fighter:20200203051727j:image

 

 

さて、詳細にうつると、基本的にこのGLEはSLSと部品が共通化されていますが、ホイールやハンドルなどのディティールが目立つ部位だけは専用となっています。

タイヤは一緒ですが、過走行SLSとの比較をしてみたく写真をとってみました。

こちらが新品・・・・
f:id:yunyun-fighter:20200203050353j:image

こちらが過走行でドリフトしている後輪・・・・。 

乗りすぎですね(笑)
f:id:yunyun-fighter:20200203050418j:image

 

後ろから見ると、GLEは結構物々しい雰囲気です、SLSのロールバー形状のほうがオシャレですね。ですが、押し手を付けるうえでこれはどうしようもなかったのでしょうね。
f:id:yunyun-fighter:20200203050535j:image

兄弟でこんなのに乗せてしまって将来どうなるか楽しみですが、「好きなものがある」人間になってもらう第一歩でしょうかね(笑)

 

本当はここに父のゆんゆんふぁいたーのクルマがAMGだとカッコよくキマるのですが…まぁ、しょうがないっすね。

まだまだJZX110から抜け出せない子供ですからね、子供達が寝たすきに、ピカピカに洗車してあげました★


f:id:yunyun-fighter:20200203055549j:image

 

というわけで簡単ですが、野中製作所のベンツGLE63を紹介しました~!!

ぜひぜひ皆さんもご購入ください★

ゆんゆんふぁいたー

 

 

ゆんゆんふぁいたー

 

RIMOWA機内持ち込み最強!トパーズプレミアム2輪キャビントローリー最終後期モデルレビュー!

こんにちは!ゆんゆんふぁいたーです。

現在まで、ゆんゆんふぁいたー的リモワ最強説としては、海外は45Lトパーズマルチホイール、国内は23Lトパーズチタニウムビジネストローリーが確定しておりました。

 

前々回のブログではゆんゆんふぁいたーリモワ歴でも数々のキャビントローリー(32L)があったものの、やはり上記の2台には勝てないということが証明されたかと思います。

 

 

yunyun-fighter.hatenablog.com

 

ですがですがですが、今回ひょんなことから、とんでもないキャビントローリー32Lをゲットしたので紹介します。

 

◎今回のレビュー

 

「トパーズプレミアム キャビントローリー;最終後期」

 

聞きなれない名前のトパーズですが、こちらはトパーズチタニウムが出る前に存在したトパーズの特別版です。いわゆる高級バージョンですね。

標準トパーズとの違いは以下の通り。

・全面チタニウムカラー
・革ハンドル
・ブラックロゴ
・金メッキパーツ
・ダークブラウン内装
・金メッキロゴプレート

前から見るだけでもこのように、革ハンドルが目立ちますね!
f:id:yunyun-fighter:20200201204515j:image

そして、横から見ると・・・・革ハンドルとメッキロックのコラボ・・・・高級感!
f:id:yunyun-fighter:20200201204554j:image

ですが、ロックはTSAではありません。チタニウムというモデルの前のものですから、しかたありません・・・。形状もTSAとは異なります。でも機内持ち込みなら関係ないですけどね
f:id:yunyun-fighter:20200201204616j:image

ハンドルはこのように2段、ビジネストローリータイプの3段よりはかなり丈夫です。
f:id:yunyun-fighter:20200201204637j:image

 背面にはランナーがあり、底部の損傷を減らしてくれます。現在までに手にしたキャビントローリーでランナー付きはありませんでしたので、これは優れています!!
f:id:yunyun-fighter:20200201204725j:image

 

◎最終後期とは

 

さらにこちらのモデルが最終後期というのはここが違う!ということを紹介しようと思います。

・ホイールハウジング:ホイール交換可能タイプ

・ラゲッジフック:伸びるタイプ(前期;なし、中期、Uフック)

・内装:両面フレックスディバイター


単品で見てこのようにフル装備であることがわかっていただけたかと思います。今回は、さらにゆんゆんふぁいたー的最強リモワ2台との比較もやっちゃいたいと思います。

◎45Lトパーズマルチホイールとの比較

 

こちらはおなじみですが、機内にぎりぎり持ち込めない45Lです。くらべるとどうでしょう、1まわり大きいのがわかりますね、ホイールもフルサイズマルチホイールなので車高が高い・・・。その分も効いてます。ですが、このサイズ差の間にスーツが2つ折りで入るか否かの境界があるんです・・・。
f:id:yunyun-fighter:20200201204748j:image

横から見ると。。。厚みも結構異なります。ちなみに2輪トローリータイプはこのくらい傾いています。まっすぐだと反対側に倒れてしまいますからね。ゆんゆんふぁいたー的にはこの傾きもたまらないかっこよさです。
f:id:yunyun-fighter:20200201204812j:image

上から見たときのサイズ差が最もおおきいですね。
f:id:yunyun-fighter:20200201204838j:image

見ていただくと45Lは確実に1泊サイズではないし、海外用といってもいいです。逆に32Lキャビントローリーはもっと小規模な宿泊移動用でしょう・・・そうすると23Lビジネストローリーとの闘いになりますね!! 

 

●23Lトパーズチタニウムビジネストローリーとの比較

 

というわけで国内出張最強ビジネストローリーとの比較ですが、ビジネストローリーはとにかくずんぐりむっくりしています。前から見るとほぼ正方形、キャビントローリーはいわゆるキャリーの長方形ですね。

ここは好みですが、上部にビジネスバッグを載せて運びやすいのは確実いビジネストローリーですね、幅と厚みが全然違いますので。

 

この2台のトローリーについては正直ゆんゆんふぁいたーのなかでもぎりぎりビジネストローリーが優勢といえるレベル、新幹線移動と国内線飛行機移動のどちらが多いかできまるものだと思います。

 

で、その理由ですが、それぞれの席幅の違いです。ざっくり言ってキャビントローリーは飛行機の席の幅、ビジネストローリーは新幹線の席の幅です。飛行機で足の前に置く人はほとんどいないと思いますが、席の下に最悪入る、といえるのではないでしょうか。また、頭上荷物置きにも入りやすいサイズです。そもそもキャビントローリーは昔はIATAという名前がついていたほどです。

IATA:国際航空輸送協会

f:id:yunyun-fighter:20200201204903j:image

 

ビジネストローリーを過去に飛行機の頭上荷物置きにいれたことはありますが、小型の飛行機ではたぶんギリギリとなるでしょうし、立てておけません。横置きになります。また、JETSTARのように3辺の寸法が××cm以下という指定(通常は合計××cm以下)がされてしまうとビジネストローリーは実は載せられません。 


f:id:yunyun-fighter:20200201204922j:image


f:id:yunyun-fighter:20200201214124j:image

 

というわけで、32L機内持ち込み最強!トパーズプレミアムトローリーをレビューしました!見れば見るほどこの高級感に惚れ惚れしますね!!

 

yunyun-fighter.hatenablog.com

 

 

yunyun-fighter.hatenablog.com

 

ゆんゆんふぁいたーの出張スタイルからいくと、基本的に新幹線移動のため、国内はビジネストローリー、海外は45Lマルチホイールが最強なりますが、国内線や国際線でも機内持ち込みを優先する方や、縦長スタイルのトパーズをお考えの方はこちらが最強となりそうですね!

 

ゆんゆんふぁいたー

RIMOWAトパーズチタニウムビジネストローリーのメンテナンス!キャリーハンドル交換!

こんにちは、ゆんゆんふぁいたーです。

 

今回も連続リモワ関連ですが、12月上旬にゆんゆんふぁいたーの国内出張最強リモワのビジネストローリーのキャリーハンドル交換を依頼しておりました。

 


f:id:yunyun-fighter:20200117204058j:image

 

今回は新生リモワの修理対応や費用などについて実際に修理した結果をお伝えしようと思います。

 

 

◎修理依頼の理由

今回の修理依頼となった理由は、あまりにもキャリーハンドルがフニャフニャ(スカスカ)だったので直したかったからです。

他にもホイールハウジングや、フット、ランナー、内装もだいぶ傷んできていたのでできれば5年の保証内で直しておきたいと思ったわけです。

ランナーは以下の通り擦り減りがひどいです。
f:id:yunyun-fighter:20200116214823j:image

 

フットはまだ大丈夫そうですが減ってはいますね。
f:id:yunyun-fighter:20200116214857j:image

 

特にこのリモワは、生産終了のトパーズチタニウムビジネストローリー2輪ですから、どこまで修理部品があるかなどもチェックしておきたかったこともあります。

で、問題のキャリーハンドルはこちら。
f:id:yunyun-fighter:20200116214738j:image

その点についても確認しましたので報告しようと思います。

 

◎依頼先

過去にリモワのサルサエアーのハンドルが伸びたまま固定できなくなったときは名古屋栄のRIMOWAメンテナンスショップに持ち込み、30分ほどで修理してもらいましたが、そこは新生リモワになったタイミングで閉鎖されました。

 

よって依頼は名古屋なら高島屋のリモワ正規店のみ。そちらに直接持ち込みいたしました。

当然販売店舗ですのでその場修理はできませんので預けとなります。

ちょうど1週間の出張でしたのでシルバーのトパーズとトパーズチタニウムを合体して持ち込みしました。

 

◎部品別修理可否(国内)

フット:チタニウムカラー無し、シルバーのみ

内装:チタニウムカラー無し、ブラックのみ

ランナー:チタニウムカラー無し、シルバーのみ

ハンドル:各色あり。

 

 

◎修理依頼

今回はこの状況からキャリーハンドル交換のみにして、作業依頼いたしました。

 

基本的には無料とのことでしたが、追加の費用もあることは了承してあずけました。また、色が変わってしまうような修理はしないでほしいと依頼しました。

 

◎修理完了!

修理完了後は配送が選べましたのでそちらにしましたが、しっかり梱包されて送られてきました。
f:id:yunyun-fighter:20200116214605j:image

内部も厳重ですね。
f:id:yunyun-fighter:20200116180700j:image

 

問題のキャリーハンドルは以下の通り、とてもキレイになって帰って来ました。ガタガタ具合は一切無く、ビシッとした感触です。
f:id:yunyun-fighter:20200116180719j:image

 


f:id:yunyun-fighter:20200116180736j:image

 


f:id:yunyun-fighter:20200116180903j:image

 

非常に美しい仕上がりで、5年の保証内なので無料でした!しかも送料も無料でした!

 

やはりサービスも含めて一流なRIMOWA

買うときの値段は少し高いですが、今もドイツのクラフトマンシップを感じられるその製品、ぜひ皆さんも購入してみてください。

 

ゆんゆんふぁいたー

リモワの型番の見方が難しい!!RIMOWAのサイズやラインナップと型番をわかりやすく解説

はい、こんにちわ、ゆんゆんふぁいたーです。

 

本日はゆんゆんふぁいたーリモワコンテストに引き続き、あのわかりにくくて有名な型番について説明したいと思います。

 

結構検索するといろいろ書いてあるのですが、正直まちがっているのも多いです。その証拠にほかのブログのまま自分のコレクションを見ると、当てはまらないパターンが多くあるのです。

 

というわけでしっかり調べましたのでご覧ください。

 

まず、リモワの型番のケタ数ですが、シリアルナンバーを除くと8ケタです。

 

そこから、以下のように数字を分けてください。

型番の区切り方;A.B.C.DD.EE.F.XXXXX

例として、8727000903567~となっていたとしたら、

8.7.2.70.00.9.03567という風に区切ります。

 

それから、トパーズステルスでないことを確認してください。

トパーズステルスのみ、型番が異なりいろいろなパターンがあります。

 

それでは一つずつ解説。

Aの位置の数字の意味について

 

8:ポリカーボネート製(サルサなど)

9:アルミ製(トパーズなど)

 

Bの位置の数字の意味について

ポリカーボネートの場合

1,5:サルサシリーズ

2:サルサエアーシリーズ

3:サルサデラックスシリーズ、3suiterシリーズ

4:サルサハイブリッドシリーズ

6.ボレロシリーズ

7:ボサノバシリーズ

8:リンボシリーズ

 

○アルミの場合

0:アタッシェ

1,2:トパーズシリーズ、パイロットシリーズ

4:トパーズチタニウムシリーズ

7:クラシックフライトシリーズ

8:トパーズステルスシリーズ

 

ここまではとんでもなく古い、もしくは特殊品を除けば、すべてのリモワにおいて当てはまると思います。

 

Cの位置の数字の意味について

Cの数値はシリーズ内のバージョンです、新しい数値になればなるほど進化しています。

 

めちゃくちゃわかりにくいですよね!!

というわけで、ここまでを表にまとめましょう!!

f:id:yunyun-fighter:20200113062349p:plain

 

 

DDの位置の数字の意味について

DDの数値はサイズです。ステルス以外は以下の換算となります。

05:ノートブック

38:ビューティーケース

40:ビジネスマルチホイール

42:ミニマルチホイール22L

52:キャビンマルチホイール32L

53:キャビンマルチホイール37L

56:45Lマルチホイール

63:64Lマルチホイール

70:82Lマルチホイール

73:84Lマルチホイール

77:98Lマルチホイール

※ちなみに、同じ32Lで2輪と4輪がある場合、2輪はCの位置の数字が一つ小さくなります。

新モデルでないステルスの場合は以下となりますが、その前にステルスはABCまでの数字が限られています。

985:ビジネストローリーと64Lマルチホイール

986:4輪マルチホイールの64Lとビジネストローリー以外

ここまでは上記の表にも記載しておきました。

ではDDの数値ですが、

11:32Lキャビントローリー

17:32Lマルチホイール

97:64Lマルチホイール

15:84Lマルチホイール

16:98Lマルチホイール

めちゃくちゃ複雑ですね・・・。

 

ちなみにゆんゆんふぁいたーの所有するトパーズステルス84Lはこの一番複雑な型番にあてはまり、以下の型番ではじまります。。

9.8.6.15.xxx.xxxxx

普通にリモワの型番をインターネットで調べても全然当てはまらないのはこれが理由です。

 

EE&Fの位置の数字の意味について

新しいモデルではEEとFで色とタイプを示しており、古いモデルは3桁で年式を示しているようです。年式を示している場合の説明はいらないと思いますので、色とタイプを示している場合について説明します。

 

EEについて。

ポリカーボネートの場合(色はたくさんあるので省略します)

12:ブラック

14:レッド

etc

 

アルミの場合

00:シルバー

03:チタニウム

01:ステルス(923で始まる場合こちらのパターン)

 

ただしステルスは上記に当てはまらないパターンがおおくあります。

 

 

Fの位置の数字の意味について

 Fはタイヤの数、Etagについてを表しています。

0:タイヤ無し

2:トローリータイプ

4:マルチホイール

5:Etag

 

そしてそれ以降の数値がシリアルとなります。

だいたいみなさんわかりましたでしょうか??

 

ご自分のリモワの型番を見ていただき、ちゃんとあっているか確認を。

それでは、リモワの型番がわからなくて眠れなかった皆様、本日も良い睡眠を。

 

ゆんゆんふぁいたー

ゆんゆんふぁいたーの歴代総RIMOWAコンテスト!!LVMH前の黄金時代!!偽物との見分け用画像にも☆彡

こんにちは、ゆんゆんふぁいたーのお時間です。

やっと今年のグアム旅行の予約が完了し、パッキングのことをかんがえはじめましたが、よく考えたら最近リモワ関連ブログのアップがなさすぎることに気づきました。今回は今までの使ってきたリモワについてご紹介したいと思います。

 

 

過去に、ゆんゆんふぁいたーはお金や遊びの話ブログにて、収集するという趣味はしてこなかったと書いたことがありますが、歳をとってきてやっとモノを集めるということをした初めてのものがリモワだと思います。とはいっても、ずっと持っているというよりは気に入ったら買って、もっと気に入ったものを買ってきたら古いのを売って、また買って・・・・。という感じですが。

 

当然20代ではそんな無駄なお金を使うくらいだったら、タイヤやガソリン、お酒や楽器、それに旅行代にあてて「経験」を買うほうが大事です。

 

これは30代でもいえるのかもしれませんが、そんな経験に費やす時間が少なくなればなるほど、モノに満足するという瞬間を求めるものだと思います。

 

特に、子供ができて、それまでの「経験」を一緒に楽しんできた周囲の仲間が減っていくと、上記のようなお金の使い方ができるタイミングが減ります。そうなったときにお金を使って満足すること、そして、あまり無駄遣いにならないことまで考えてゆんゆんふぁいたーの場合はリモワという工業製品でありながら、ブランド価値があり、機能美を併せ持った「モノ」にはまったんだと思います。

 

さて、そんなことで今回はゆんゆんふぁいたーが所有してきた歴代のリモワの総コンテストを行おうかと思います。写真をたくさんにして、ブログを見ていただいたみなさんに、本物のリモワの写真集としても使ってもらおうかとも思います。

昨今は偽物も多く出回っていて、フリマサイトやネットオークションでゴロゴロしてます。そんなものを買わないように、まよったときはこちらの写真でちゃんと判断してくださいね!!

 

現在所有がいくつあるかは不明ですが、部屋にリモワが並んでいるとかっこいいですね!!!だいたいゆんゆんふぁいたーの部屋はラジコンヘリやリモワが並べてあります(ちょっと部屋が狭くなるのが難点)。下の写真以外にもまだあります。

f:id:yunyun-fighter:20200111062853j:plain

こんな感じで積んでもデレデレしちゃいますね、まさしく積んデレの極み!

f:id:yunyun-fighter:20200111063436j:plain

 

それでは早速行きましょう~~~!!

 

1.トパーズチタニウム キャビントローリー32L

 

こちらは出張最強リモワの会で紹介したビジネストローリーとおなじ、トパーズチタニウムです!!絶版の2輪で、最終型なので荷物フック付きですね。この辺りのリモワはリブのエッジ感もよくてしかもフレーム部までリブが続いているのでかっこいい!!

f:id:yunyun-fighter:20200111062959j:plain

 前面にラゲッジフックはありますが、背面のランナーはありません。

f:id:yunyun-fighter:20200118052727j:plain

2.トパーズステルスキャビンマルチホイール32L

続いて、こちらはトパーズステルスの4輪機内持ち込みです!上記のチタニウムと比べても漆黒の半艶がかっこいいです。ただ、残念ながら4輪。このくらいのサイズなら2輪がかっこいいっすよ。ちなみにフランクフルトで購入しました。

f:id:yunyun-fighter:20200111063027j:plain

 

3.サルサエアーキャビンマルチホイール32L

これは上記のステルスと同じパッケージなんですが、重量級のトパーズ4輪と相反する超軽量サルサエアーです。サルサエアーは割れやすい、ハンドル壊れやすいなど、問題もありますがこのくらいのサイズなら大丈夫。大型サイズは避けたほうがいいです。

とにかく鮮やかオレンジは目立ちますね・・・。

f:id:yunyun-fighter:20200111063306j:plain

 壊れやすい1本タイプのキャリーハンドルです。リモワの修理の方もおっしゃっていました・・・。

f:id:yunyun-fighter:20200118053136j:plain

 

4.トパーズキャビントローリー32L

来ました!!みんな持ってるトパーズキャビントローリー!!IATAってやつですね。新幹線に乗ったら絶対1回は見かけます。青ロゴはないですが、ラゲッジフックがついてます。まさに黄金時代のTHE リモワです。ドイツで購入したと思います。

ちなみに、ゆんゆんふぁいたーはあまりにもみんなと一緒になってしまうのでシルバーのトパーズは避けてます(笑)

f:id:yunyun-fighter:20200111063505j:plain

 こちらも前面のラゲッジフックはありますが、背面のランナーはありません。

f:id:yunyun-fighter:20200118052918j:plain

 

5.サルサデラックスキャビントローリー32L

はい!32Lの機内持ち込みシリーズはこちらで最後!サルサデラックスの2輪です。デラックスなのでフル装備!!2輪&プラスチックとはいえいろいろつきすぎてだいぶ重いです。この色だけでサルサデラックスを選ぶ人も多いくらいブラウンカラーはかっこいいですね!!ゆんゆんふぁいたーの妻用の84Lもこの色のサルサデラックスです(下のほうででてきますが)。

f:id:yunyun-fighter:20200111063344j:plain

 最新のジッパー&ロック部を備えた最後の2輪モデルですね!

f:id:yunyun-fighter:20200118053017j:plain

6.サルサデラックスハイブリッドビジネストローリー27L

こちらはもうデキルビジネスマン必携ですね。前面のポケットがビジネスシーンに大活躍!!最高の使いやすさですが、ゆんゆんふぁいたーはデキるビジネスマンではなく、遊ぶ仕事人?なのでこちらは手放しました。よって現在の出張用はトパーズチタニウムビジネストローリーです(笑)。f:id:yunyun-fighter:20200111063902j:plain

 

7.トパーズチタニウムビジネストローリー

やっと来ましたトパーズチタニウムビジネストローリー!!!出張最強リモワとしてゆんゆんふぁいたーの出張には常にこいつを連れています。年末よりリモワにハンドルとタイヤのメンテナンスに出していますので出張がいやでいやで仕方ありません。

かなり過走行なのですが、絶版なので買い替えは困難。こまめにメンテナンスが必要です。こちらもフランクフルトで購入。

f:id:yunyun-fighter:20200111064229j:plain

 

 

yunyun-fighter.hatenablog.com

 

8.サルサビジネストローリー

このリモワも、新幹線にのれば1回は見ますね、サルサのビジネストローリーです。何にもないサラのリモワって感じが好印象ですし、価格も6万円弱で安かったと思います。ちなみにこちらはハワイで購入してます。

使い勝手でいうなら、軽さは◎だけど開けやすさが△なのでビジネスで使うときにはこれとビジネスバッグ併用が良いです。

f:id:yunyun-fighter:20200111064641j:plain

 

9.サルサデラックスビジネスバッグ

上記でお話しましたビジネスバッグ!!そう、あまり見かけませんが、リモワにもあります。当然買いましたよ??

でもね・・・これ、上記でお話ししたようにリモワのサルサのチャックは開けにくいんです。そう、このビジネスバッグもちゃんと受け継いでしまってるんです。メインのプラスチック部分を開けるにはチャックを全部開けないと何も取り出せません。

電車でパソコン取り出して・・・すぐしまって・・なんて作業には向いてません。

f:id:yunyun-fighter:20200111064008j:plain

 

10.トパーズマルチホイール45L

はいは~い!!45Lって中途半端って思っている皆さん!!これですよ!!一番使い勝手が良いのは!!新幹線や電車の上部荷物置きにぴったりで、最悪膝の前にも幅がぴったりです。出張先でも、これからどっか行くんですか??って言われない最大サイズです。ただ、機内持ち込みはほぼ無理といえるグレーゾーン。

シルバーのリモワは避けてますが、こちらはあまりの使い勝手の良さに出動回数が高いですね!

f:id:yunyun-fighter:20200111064128j:plain

 

 

yunyun-fighter.hatenablog.com

 

11.サルサマルチホイール63L

こちらは内装コンテスト最優秀となった中期モデルのサルサ!激レアプロセッコシルバーです。軽さや見た目より、内装が秀逸です。なぜほかのリモワがこうならないのか不思議なくらいです。ただアルミじゃないことからゆんゆんふぁいたー家では出動回数が少なめです。前回のグアム旅行は妻がこれを使用しましたが、今年のグアムは容量不足なので、下で紹介するサルサデラックスとなるでしょう。

f:id:yunyun-fighter:20190216080259j:plain

 

12.トパーズステルスマルチホイール84L

でました!王者の風格!このサイズのトパーズは空港でも「おお!かっこいい」と感じますが、さらにこちらはステルスです!6月に予定しているグアム旅行では出動予定ですが、ゆんゆんふぁいたー家は今回はエコノミーなので、完全にスーツケースに負けてます。だって、家族全員の航空券とこちらのステルスはほぼ同じ金額ですからね(笑)

f:id:yunyun-fighter:20200111083300j:image

 男の3ロック!!やはりこのほうがリモワ!!って感じですね。

f:id:yunyun-fighter:20200118053630j:plain

yunyun-fighter.hatenablog.com

 

 

13.サルサデラックスマルチホイール82L

今度はほぼ同サイズのサルサデラックスです。軽い上に、色々機能もフル装備。使い勝手では上のステルス以上でしょうね!

今年のグアムはこちらのサルサデラックスが嫁用として出動予定です。
f:id:yunyun-fighter:20200111083239j:image

 

14.トパーズマルチホイール104L

そしてこちらが前回のグアムで出動したトパーズです。古いトパーズはリブが薄いですね、やっぱりLVMH前の角ばったリブでフレームまで伸びた形状が一番カッコイイと思います。こちらはクロスバンドの旧内装でしたが、比較的使いやすかったです。

f:id:yunyun-fighter:20190216070119j:plain

こちらの世代のリモワだと間違いなく内装が剥がれてきています。また、クッション材の加水分解で粉が出たりと、ちょっと古くてかっこいい、で我慢できるレベルではないと思います。

f:id:yunyun-fighter:20200118053413j:plain

 

 

 

さて、色々なリモワを所有してきたゆんゆんふぁいたー的にはやはりLVMH直前のリブ、内装、装備のリモワが一番と思っています。

内装比較についてはこちら

 

yunyun-fighter.hatenablog.com

 

また、ステルスやチタニウムのようなシルバー以外が好みです。

 

f:id:yunyun-fighter:20200118053450j:plain

 

LVMH後、カラバリが増え、コラボも増えて色々な、リモワがでてきましたが、古き良きリモワを崩さずモデルチェンジしていってほしいなぁと思います。

f:id:yunyun-fighter:20200111063154j:plain

 

既に廃版となった貴重なリモワばかりでしたがいかがでしたでしょうか。これから新品を購入するとこちらのものは買えませんが、フリマサイトやオークションならまだ何とか未使用品が手に入ります。

すでにとんでもないプレ値のものもありますが、ぜひ購入されてはいかがでしょうか?

 

ゆんゆんふぁいたー

 

 

 

 

 

 

 

計画開始!1歳児と3歳児の家族4人で名古屋からのグアム旅行!!!

こんにちは、ゆんゆんふぁいたーです。

 

さて、そろそろ今年のグアム旅行を計画するタイミングとなります。そこで今回は実際に費用なども調査した結果をもとに、どのように計画するかをこちらで紹介します。

 

それもそれも・・・・時期が6月を狙っているからとなります。

◎時期

そもそも、なぜ6月にするかというとについては、以下の理由になります。

・ゆんゆんふぁいたー家の下の子は6月生まれであること

・グアムの雨季は6月からであり早いほうがいいこと

・グアムのホテルロードにサンセットが見えるのは4月を中心とした数か月なこと

・7月を過ぎると台風が増えて飛行機や電車(名鉄)の心配が高まること

・長期休暇に行くと高すぎるから・・・・じつはこれが一番大きいかも。

※ゆんゆん ゆんゆんふぁいたーはどこぞの優良企業でもなければ、幹部や役員でもありませんので、まだまだそんな繁忙期価格を出せるご身分ではありません・・・涙。

 

f:id:yunyun-fighter:20200111061243j:plain

ちなみに、2月は中国の方だらけ、3月は学生だらけなのでいつも避けてますね。1月は上記のとおり、サンセットが見えません。

 

◎旅行詳細

 

というわけで、このようなプランにまずは旅行会社や予約サイトを見ずに今までの経験から決定”

出発日:6月1週、2週or3週の水曜-日曜日 

日数:5日間(6日間) 

出発地:セントレア予定、価格面で大きな差が出ればその他空港も検討する。

ホテル:アウトリガー、ウエスティン、リーフ。検討はアウトリガーで。

航空券:エコノミー 3人分(ゆんゆんふぁいたー家は下の子は1歳での渡航

日本出発時間:午前(夜でもいいが朝がいい)

現地出発時間:午後(午後発は絶対、子連れで早朝発は避けたい!)

 

当然何回か泊まったアウトリガーホテルは幼児連れには抜群です、立地の面でもいいです。外に出れば下のような場所ですから、なんでもあります。

 

f:id:yunyun-fighter:20200108061415j:plain

最悪ホテルに直結したザ プラザで寝かせた子供を連れてショッピングできます。]

下の写真右側がザ プラザですね!!

 

f:id:yunyun-fighter:20200110055401j:plain

それに、海までほぼフルフラットで行けるのがリーフほてるとの違いです。

 

f:id:yunyun-fighter:20200110055018j:plain

上の写真で正面となるのがオーシャンフロント、側面がオーシャンビューですが、今回もコストの面からオーシャンビューデラックス(デラックスは高層)を候補にします。

 

 側面の部屋でもこの通り、海はとってもきれいにラナイ(このときは低層)から見えます。

f:id:yunyun-fighter:20200107060911j:plain

夜景が見えるのも側面のオーシャンビュールームのいいところですね。

f:id:yunyun-fighter:20200107061053j:plain

 

 さて、手配ですが、まず大きく表れてくる課題は個人手配にするか、ツアーにするかですね。みなさんほんとに悩むとこだと思います。特に何回も行って慣れたとこだと個人でも全く困りませんからね。

 

◎個人手配の場合

 

基本的にホテルをアウトリガーにすると、25000円/1部屋・1日なので5泊するとそれだけで125000かかります。あとは飛行機が3人分(下の子は座席無し)なので・・・。

ざっくり航空券はユナイテッドで1人6万円だとすると180000円。合計305000円なんです。よって、そこからどこまで安くなるかかんがえるべきですね。

ちなみに昔のてるみくらぶのようなパッケージツアーだとそれで1人10万円を余裕で切ってました。

 

というわけでいろいろ見てみましょう。

 

 

 

◎エクスペディア!!!!

 

上記フルで・・・ユナイテッド航空にして・・・。

302000円/4人(5日間;朝発夜帰り)

これは空港使用料、税金、ホテル送迎はなしです。エクスペディアの落とし穴です。

 

◎エクスペディア(日本出発時間を夜にして6日間にすると・・・。)

 

305000円/4人 ←航空券値段Downと延泊Upがバランスしてます☆(笑)

 これも空港使用料、税金、ホテル送迎はなしです。エクスペディアの落とし穴です。

◎ツアーの場合

 

過去にグアムはツアーのほうが安くあがり、とってもお得との情報をブログに掲載しましたが、2人の子連れ、朝夜便のフライト、高級ホテル指定、などかなり要求の高い内容ですので、激安ツアーなんかとはわけが違います。通常はそういう内容だとツアーが割高になります。ということで、それでは、ツアーの場合も見ていきましょう!!

 

 

◎ゆんゆんふぁいたーの愛する旅工房・・・

 

357000円/4人

なんと空港使用料や税金など20000円相当と空港ホテル間の往復送迎もふくんでいます・・・。エクスペディアにはどちらもはいっていませんけど。。。

 

◎United Holidays・・・

385960円/4人 ←いろいろつく代わりに高いっすね。

でも、これね、8000マイルプレゼントとか、ラウンジ使えるとか、ちょっとご飯ついてくるとかいろいろあるんですよ。

総額より真のコスパってかたは、こちらでもいいかもしれません。

 

◎HIS家族プラン

380000円/4人

ほんとはこれがいちばんいいんですが、なぜかこの3月から、フライトプラン変更にかかる料金が爆アゲしてます。

夜発朝帰りフライトから朝発夜帰りへの変更は

~2020/3:10000円/1人

2020/4~:25000円/1人

となります。これが元通りだったら、335000円でしたので、シレナトロリー乗り放題だし、HISラウンジも使えるのでよかったのですが・・・。

 

 

◎キャンセルについて

 

子連れだと気になる「キャンセル」についてですが、エクスペディアは基本的にキャンセル不可です。逆にキャンセル可能なオプションをいれるととっても高くなります。ツアーの場合は大体繁忙期でなければ30日前までキャンセルが無料。HISの家族プランなら前の週に熱出してキャンセルでもキャンセル料を保障してくれるプランもあるみたいです(たしか有料ですが)。

 

といった感じです。

さて、ホテルがアウトリガー、ウェスティン、リーフに限定されると安くできるのは航空券のみ(ちなみに上記検討はアウトリガーホテルですべて実施してます)。

ツアーも個人手配もアウトリガーホテルー3万円くらいでリーフになる感じでしょうか。

f:id:yunyun-fighter:20200110055255j:plain

ウェスティンはいつも謎多き価格設定なのでよくわかりませんが、アウトリガーホテルと同等と思っておいて問題ないです。ちなみに、エクスペディアやホテルズドットコムではアウトリガーの2倍の時もあります。(それだと中心地から少し上る必要のあるウェスティンは避けたくなりますよね・・・いつか泊まってみたいけど)

f:id:yunyun-fighter:20200108061605j:plain

 

 

◎航空券について

 

名古屋-グアム直行便を定期的に飛ばしているのはデルタがなくなった今となっては

United airlineのみですが、最近セントレアの第2ターミナルができたことにより

LCCのT'way とJeju が期間限定就航を始めています。

 

f:id:yunyun-fighter:20200108061526j:plain

ただ、この2航空会社は、直前に爆安のチケットを出す、もしくは旅行会社専用便を ぶっ飛ばすのどちらかです。なので個人手配ではいまから6月の予約がとれない、というわけです。ついでにJejuの帰国便は朝の5時発という殺人的フライトスケジュール。なんでバカンスに行って朝の3時に空港に行くとかいう発想になるのでしょう。ホテルを夜の2時にでて・・・なんて話にはしたくないですよね(笑)

 

でもでも、関空発についてはすでに航空券が購入できるので一応検討します。

関空10:30発→グアム15:20着

グアム16:10発→関空19:10着

で合計144560円

 

ちなみにユナイテッドで

中部20:55発→グアム01:30着

グアム17:00発→中部19:55着

 

で合計219380円

 

いやーLCCが安い、安すぎる、関空の近くに住みたくなりますね。たまにですが、片道6000円なんて時もあるTway航空さん。グアム系平民の強い味方です。だって、その値段って名古屋から関空に行くだけでもかかりますよ??

 

 ◎結論

 

ということで、今回は旅工房さんで決定しました!!前回のブログでは確実に個人手配が安いという結論でしたが、なんと子供が2人もいても旅工房が安くなるという結果でした!!

てるみくらぶなき今、庶民の海外旅行の強い強い味方ですね!!

ですが、今回の予約は新春オンライン予約限定商品、ほとんど利益無しで飛ばしてくれているのでしょう。

 

一応、先ほど航空券のとこで述べた、格安航空券については今後もずっと注視していき、キャンセル料発生前にLCCチケットがとれたら、ホテル変更してでも変えてみようと考えています。

 

以上、2020年!ゆんゆんふぁいたー家グアム計画についてでした。

このくらいの金額で家族でいけるんだ!!って気づいたかた、今こそミクロネシアに行きましょう!!ハワイと違う海のあるファッショナブル田舎の島は心癒されますよ。

 

f:id:yunyun-fighter:20190412232034j:plain

 

と、いうことでやっとのことで予約が完了しましたが、2人の子供を連れての海外旅行、しかも海で遊ぶことも考えると荷物が大変なことになりそうです。

一昨年、3人で行った時でさえ、リモワトパーズ104L+リモワサルサ63L+ベビーカーという状態。今回は間違いなく、リモワトパーズステルス84L+リモワサルサデラックス84L+ベビーカーとなります(104Lは手放してしまったため)。

 

yunyun-fighter.hatenablog.com

 

もしもそれでも入りきらない場合は現在メンテナンスに出しているビジネストローリーを合体となります。

 

yunyun-fighter.hatenablog.com

 

まだ期間はしばらくありますが、今度はパッキングについてもブログにアップしたいと思います。

 

f:id:yunyun-fighter:20200111061151j:plain

 

ゆんゆんふぁいたー

 

 

 

 

 

 

10Jのホイールなら225が安心安全!引っ張りタイヤ形状比較!ハイダ!ピンソ!ジーテックス!レビュー!

こんにちは、ゆんゆんふぁいたーです。

本日は久しぶりのJZX110ネタ、というかタイヤネタです!

 

そもそもみなさん、タイヤはなにで選んでますでしょうか?

最近は純正タイヤでさえもアジアンタイヤだったりするし、「ちゃんと買い」とか言っているメーカーのタイヤはちょこっとリヤがブレイクすると簡単に剥がれちゃう。

 

 

 

 

ゆんゆんふぁいたー的にはもう、100キロ以下で走る国内用ならアジアンで十分という風に考えています。逆にスタッドレスや、超静音VIPタイヤなどは国産を買う必要があるかもしれませんね。

 

 

 

はっきり言って、アジアンが進化しすぎて、必要十分以上になってしまったわけです。そこに、制限速度も全く上げないし、スマホ使用中のあおられ運転のトロトロ運転ときたらタイヤの性能の上昇スピードにあっていませんよね(笑)

で、今回はそんな怪しい激安アジアンタイヤを3種類、同サイズで購入し、同サイズのホイールに組んでみたので、ご報告!!

 

まずはタイヤ!!

①HAIDA HD921    225/40R18

②PINSO PS-91  225/40R18

③ZEETEX HP2000vfm  225/40/R18

 

つぎは組み合わせるホイール!!

SSR AGLE STRUSSE 10J+11 18inch

②NKB ELITE8 10J+11 18inch

というわけで行ってみましょう!!

1.HAIDA!!(ハイダ:トレッド剥がれそうな名前ですね~)

こちらのタイヤのいいところはインアウト指示がないこと。キャンバーでうちべりしても、裏返して再度履くことができますので、ちょっとコスパいいですよね。ただ、回転方向はありますので、ホイールに組んだまま逆履きはできません。

ちなみに写真で見ればわかる通り、中国製~~~~!

 


f:id:yunyun-fighter:20200105173033j:image

 


f:id:yunyun-fighter:20200105173120j:image

安モンのウワバキのようなにおいと、白粉ぶいてます。もちろん乗り味はヨレを多分にふくんだものです。まだドリフトには使っていませんが、これで剥がれなかったら、日本のB*****NEってなんなんでしょうね!過去何度も履きましたが数分以内に必ずトレッドが剥がれています・・・。

 


f:id:yunyun-fighter:20200105173048j:image

そして、気になる引っ張り感ですが。。。だめっすね(笑)モッサリしてますよえ。フェンダーがほんとにギリギリな人は当たってしまうのではないかな??とにかく見た目はダサいっす。

 

 

 

2.PINSO!!(ピンソ:やすそうな名前ですね~)

こちらのタイヤのいいところもインアウト指示がないことです。そして、インドネシア系ということで、質感がよい!!いいゴム使ってますって感じます。ショルダーもやりすぎない程度に角ばっていてよいです。昔のダンロップのルマンなどのようなもう引っ張りすぎのウリみたいなことはありません。

ATRやコルサとともにとてもお気に入りのタイヤですが、ドリフトすると一瞬で白煙になってしまいます。110系などはとくに車重があるため1時間と持ちません。

 

 

f:id:yunyun-fighter:20200105150911j:plain

f:id:yunyun-fighter:20200105152742j:plain

リムガードの飛び出しと、サイドウォールの反り!カッコイイっすね!
f:id:yunyun-fighter:20200111190310j:image


f:id:yunyun-fighter:20200111190353j:image

 

3.ZEETEX!!!!(ジーテックス:かっこいい名前ですがドバイ企業の中国生産品)

 

こいつも名前だけかっこいいだけでみためはほら、ほんとダサいっすね。しかもインアウトがあるので、逆履きはだめっすよ・・・。ちなみに、過去にこのタイヤを逆履きでドリフトしたら・・・・・。なにも起きませんでした。どこかのB****とかいうタイヤにくらべたら耐剥離性はこれの逆履きのほうが上・・・・。はぁ。

ちなみに、トレッドがとっても柔らかいせいか、乗り心地が良いです。その代わりにとても減ります。ドリフト界でよく見るKENDAをシャーペンの裏についている消しゴムに例えるなら、このジーテックスはまとまる君のようなやつです。消しカスを大量に出して消えていきます。

 

 

 

f:id:yunyun-fighter:20200105150755j:plain

 

f:id:yunyun-fighter:20200105150825j:plain



というわけで、今回3種類だけタイヤ引っ張り比較をいたしましたが、いかがでしょうか??1本あたり1500円ほどしか変わらないなら、まだまだピンソですよね!!

 

ゆんゆんふぁいたーはチャレンジ精神が旺盛すぎてついついこの手の激安アジアンタイヤに手を出してしまうのですが、ATR、ピンソに勝るアジアンはまだいないのでは、と思ってしまいます。

 

安心安全ということで紹介してきましたが、そんなピンソ引っ張りカッコイイっす〜って、調子に乗っていると、以下のように脱リムという落とし穴もありますので、引っ張りタイヤはしっかりエア圧管理して、リスクを減らしてつかいましょう!自己責任ね!



f:id:yunyun-fighter:20200107072000j:image

 

今も高い国産タイヤを履いているみなさん、もったいないからツルツルになるまで履いてるくらいだったら、ハイペースでアジアンを履いていくのも悪くないですよ!!

 

また、こんなにタイヤが安いという環境です、ぜひぜひドリフト界へ足を踏み入れてみてはいかがでしょうか!!

 

ゆんゆんふぁいたー