子供の風邪で最も困る鼻水、ピジョンの電動鼻水吸い取り機を買ってみた!効果のほどは??

こんにちは、ゆんゆんふぁいたーです。まだまだ妻は入院中、父と息子の2人暮らしが続いていますが、ついにこのときがやってきてしまいました。

 

「風邪」

 

2人暮らしになってから息子は風邪をひかずかなり元気に暮らしてました。1〜2ヶ月に1回は風邪ひく子ですので頑張っていたのだと思います。

 

さて、どこの子も同じだと思いますが、風邪を引くと

 

鼻水と咳→鼻が詰まって口呼吸→夜喉を痛めて悪化→寝ない→治らない

 

の悪循環だと思います。そのために鼻水を吸い取るのですが、ゆんゆんふぁいたー家ではもともとこちらの人力タイプを使っていました。


f:id:yunyun-fighter:20190608064700j:image

大人がホースをくわえて吸うのですが、鼻水は分離されてもそこに触れた空気を直接吸いますので、いとも簡単に親が感染、一家共倒れになります。

まるでアリの巣コロリとかゴキブリのコンバットのような製品ですね。ひ弱な親には全くオススメしません(笑)

 

そこで、電動タイプを検討しました。当然上記のものに対して価格は格段に上がります。

比較して検討しました。

 

1.安定のピジョン

吸込力は無段階調整、かなり強い。

鼻水タンクは吸込ホースの先端ユニット。

駆動はAC100V。家での使用に限られます。

 

価格は13000円くらい。

f:id:yunyun-fighter:20190608105537j:image
 

 

2.バリキュー

小さくてよさそうですが、気になるのは吸込み力…。

吸込み力2段階調整。ただ弱そう。

鼻水タンクは本体にあり。

電池駆動。ですので持ち歩けます。



f:id:yunyun-fighter:20190608110159j:image

 

3.スマイルキュート

可愛い名前ですがまったくかわいくないです。でもこの見た目なら期待できますね。

吸込力は無段階調整、かなり強い。

鼻水タンクは吸込ホースの先端ユニット。

駆動はAC100V。家での使用に限られます。

 

価格は15000円くらい。


f:id:yunyun-fighter:20190608070050j:image

 

4.コンビ

安定のコンビさん。

小さくてよさそうですが、気になるのは吸込み力…。

吸込み力2段階調整。ただ弱そう。

鼻水タンクは本体にあり。

電池駆動。ですので持ち歩けます。

価格は6000円くらい。


f:id:yunyun-fighter:20190608070635j:image

 

5.メルシーポット

ベビースマイルさんのベストセラー?

吸込力は無段階調整、かなり強い。

鼻水タンクは本体。

駆動はAC100V。家での使用に限られます。

 

価格は12000円くらい。

f:id:yunyun-fighter:20190608071200j:image

 

ここまでくるとなんとなくわかると思いますが、AC100V電源のものは13000円位が相場ですが、確実な性能、吸取が期待できます。また、子供の顔に近付ける部分とポンプが別体なので威圧感が少ないです。

電池式は持ち運べること、5000円程と安価なことがメリットですが吸込力に不安がのこり、また顔面に動くポンプが迫るので子供が嫌がってしまうという懸念があります。

 

よってゆんゆんふぁいたー家では鼻水ごときのためにとは思いながらも、AC100vタイプを選択しました。やはり吸引力と子供がいやがりにくいという、「使えること」を優先しました。

 

あとは価格と機能ですが、この手のものはメンテナンス、洗浄が簡単なものが良いと判断し、鼻水を溜める部品が別体のピジョンとスマイルキュートの2択に。

 

価格差はほぼありませんが、ピジョンにしました!

 

というわけで、購入!

 

6.買ってみた

いきなり箱出し済ですいませんが、意外と小さい印象です。ちょっとACアダプターがおおきいかな。


f:id:yunyun-fighter:20190608083022j:image

 

鼻水をためる、吸い込み部はきれいなアクリル製で、汚れがわかりやすく、中身の確認もしやすいです。

鼻水溜める部品ですが、清潔感あります!
f:id:yunyun-fighter:20190608083037j:image

 

分解すると4点になりますが、本当にスッキリした良いデザインです。角や段付きも無く、汚れが残りにくいよう配慮されています。
f:id:yunyun-fighter:20190608083050j:image

 

背面はこんな感じ。ホースを通ってしまった水分を受ける皿があります。ポンプ部分のデザインはそんなに特筆すべきところもありません。ただ、ホースと電源は近いところ、同じ面からだしてほしかったですね。
f:id:yunyun-fighter:20190608083108j:image

 

やたら大きく感じるACアダプターはチャイナ製。ここをみれば電池駆動が出来そうな気がしますね。DC12Vの2Wなら3セルのリポバッテリーでも突っ込めば動きそうです。

また、クルマのシガーソケットでもイケそうです。
f:id:yunyun-fighter:20190608083123j:image

 

ちなみに収納に困るホースと吸い込み部、アダプターは100均のケースに入れています。
f:id:yunyun-fighter:20190608083138j:image

問題のアダプターの差込口は背面下部ですのでケースをリューターで削ってケースから出さずにさせるようにしました。
f:id:yunyun-fighter:20190608083152j:image

ホースと電源が同じ面からでていれば収納性もよくなりますが…。
f:id:yunyun-fighter:20190608083204j:image

ですが、使用感はかなりよいです。息子も気持ちいいのか鼻吸って〜と寄ってきます。

機能からいけば、少し高い気はしますが風邪が早く治り、息子も機嫌が良くなることを思うといい買い物だと思います。

 

さて、早く治って父と息子の生活を平常に戻してほしいものです。ゆんゆんふぁいたー家はほぼ破綻ですから(笑)

 

 

 

コンビのチャイルドシートのラクティアターンが回らない故障!分解修理を強行!

こんにちは、ゆんゆんふぁいたーです。切迫早産となった妻不在のゆんゆんふぁいたー一家ですが、産まれてくる息子のために準備もしなければなりません。

 

先日のベビーカー比較もありましたが、保管してあるチャイルドシートだってそろそろ洗濯して装着しなければ、という段階。

 

1.我が家のチャイルドシート

ゆんゆんふぁいたーの使用しているチャイルドシートは2つ。1つはコンビのラクティアターン(非isofixです、jzx110 にもつけるので…)、もう1つはレカロのチャイルドシートのスタートアールワンです。以下写真。


f:id:yunyun-fighter:20190602151607j:image

新生児対応はコンビのラクティアターンですので、今回準備するのはこちらです。

f:id:yunyun-fighter:20190602032905j:image


f:id:yunyun-fighter:20190602023257j:image

 

2.動作不良

さて、全て洗濯して、キレイに戻しましたが、なぜか回転レバーを動かしても回転しません。(下の画像の赤いレバーを右に回してから白いレバーを上に上げて、椅子全体を上にリクライニングさせると回る)

ちなみに、この椅子がクルクル回るチャイルドシートって結構高いです。5万円位はしたと思います。

が!約1年半使ってこれは…世界のコンビさんなのに残念ですね。次買うならエールベベさん(ゆんゆんふぁいたーのレカロのチャイルドシートはエールベベさんが製造している)にします。


f:id:yunyun-fighter:20190602023333j:image

上の子に使っているときから動作に怪しい硬さがありましたが、ついに、という印象です。


f:id:yunyun-fighter:20190602023455j:image


f:id:yunyun-fighter:20190602023725j:image


f:id:yunyun-fighter:20190602030515j:image

原因はリクライニングがしきらない、背面のレールのロック棒が動かないことです。

ということで、レッツ分解。

 

3.分解整備

まず、日よけ撤去。新生児用パッド一式もサクっと撤去。
f:id:yunyun-fighter:20190602023530j:image

そのあと、カバーをサクサク外してこの姿にします。
f:id:yunyun-fighter:20190602023606j:image

問題はここからですが、どうせ内部清掃とグリスアップするんですから見えるネジは外していきます。

背面のパネルの5点のねじをはずします。次に下から刺さっているねじ2点をはずします。


f:id:yunyun-fighter:20190602023748j:image

すると、パネルが外れて、内部のリンクが現れます。どこぞのエアーガンのように、開けたらボヨーンってバラバラになったりしませんので落ち着いて進めましょう。
f:id:yunyun-fighter:20190602023815j:image

 

今度は裏返して、底面のねじを見える分全部外します。
f:id:yunyun-fighter:20190602023843j:image

するとこちらもパネルが外れて、内部機構が丸裸になります。
f:id:yunyun-fighter:20190602023909j:image

 

4.原因判明

なんてことはない構造で、シートが一定以上リクライニングすると、真ん中の白い部品を押して、背面のレールのピンをスライドさせるだけです。あっ…。
f:id:yunyun-fighter:20190602023949j:image

外れてますね。恐らく、動作が固くなったのに無理やり動かしたので外れたのでしょう。あんなに高いのに簡単に壊れてしまうなんて。
f:id:yunyun-fighter:20190602024010j:image

とりあえずさしなおします。
f:id:yunyun-fighter:20190602023927j:image
このリンクですが、返しも抜け止めもなにもないです。ちょっとよろしくない設計ですね。ワタクシの仕事場で抜け止め無しなんて設計やったら怒られそうですが…(笑)

これを直したら動きました、背面のレールのピン。

f:id:yunyun-fighter:20190602024108j:image


5.グリスアップ

このまま戻しても同じことが発生しますので動作部にはシリコングリスをスプレーします。

以下の写真の白い部品と金属部位の摺動部にはガッツリかけておきましょう。なお、ホコリやゴミがくっつく原因となるので石けんグリスや556はさけましょう。


f:id:yunyun-fighter:20190602023815j:image

 

次に表を向けて、回転レバー周辺、回転部もグリスアップします。

まず、大きい黄色の発泡ウレタン3つをはずします。すると2点のねじがでてきます。その後股部の発泡ウレタンをペリペリ剥がすと、4点の大きいねじが現れます。
f:id:yunyun-fighter:20190602024437j:image

 

このように前方を剥がすと2点、後方をはがすと2点ねじが現れます。
f:id:yunyun-fighter:20190602024502j:image

そいつらを取り、その後シートを持ち上げると下のように外れます。
f:id:yunyun-fighter:20190602024555j:image

かなりゴミがたまってますので、キレイにして、グリスアップしましょう。


f:id:yunyun-fighter:20190602024631j:image

ここまでやれば動きはかなりスルスルになります。動作に問題なければ、丁寧に元に戻します。

かなり分解しやすい設計ですので、誰でも整備できますね。
f:id:yunyun-fighter:20190602024706j:image

ここまで来たらついに回転シート復活!!
f:id:yunyun-fighter:20190602024722j:image

このあたりからは普通に、説明書通り。
f:id:yunyun-fighter:20190602024739j:image

今回の整備には約45分程時間かかりましたが、問題なく動くようになりました。新生児グッズってつかえなくなったら捨てて新しく買ってしまいがちですが、子育て家庭のお財布はそんなに余裕でもないはず。

しっかり整備して大事に使いましょう。


f:id:yunyun-fighter:20190602032646j:image

ゆんゆんふぁいたー

切迫早産の妻が入院!!いきなり2人暮らしとなる父と息子の苦悩

こんにちは、ゆんゆんふぁいたーです。

 

今回のテーマですが、まさに現在のゆんゆんふぁいたーの話題、切迫早産で妻が入院すると生活はどうなってしまうのか、これほど大変なんだ!!という内容です。

 

 

近所にも同じような状況の家庭もあり、どうやってやりくりしているのかと質問されることもあります。そこで、旦那目線、切迫早産との戦いについてブログに書きます。

 

0.現在の状況

現在、約1ヶ月半の入院が過ぎたゆんゆんふぁいたーの妻ですが、既に慣れてきて悠々自適な入院生活を送っています。が、残された2歳の息子とゆんゆんふぁいたー(父)の生活は凄まじいもので。

何度涙したことか…ですが、やっと少し落ち着きが取り戻せたのでブログに記載します。

ちなみに正常の出産日は7月、果てしなく遠く感じます。

 

1.いきなりの入院連絡

4月15日月曜日、いつものとおり仕事に行き、デスクに座ってまずコーヒーを飲んでいると、いきなりの電話…妻からでした。入院するから帰ってきて、とのこと。

訳もわからず、家に帰りました。すべての荷物をRIMOWAの45Lトパーズに詰め込むと、近所の産婦人科に。

慌ただしく手続きを済ますとやっとのこと家に帰れました。

まだまだ春先、庭の木だって芽が出たばかりです。

f:id:yunyun-fighter:20190525023917j:image 

 

2.仕事と家事と子育て

帰ってから息子と2人ぼっちになって、ことの重大さに気づきます。

・仕事

・育児

・ご飯

・睡眠

・看病

・お金

 

今までゆんゆんふぁいたーの息子は妻と2人で生活、睡眠だって妻とでした。そう、今まで専業主婦の妻の仕事がぜーんぶ父親にまわってきたわけです。 

当然、その週の出張も、飲み会も、会議もすべてキャンセル。予約してあった新幹線、ホテルなどすべてをキャンセルしました。 

また、入院の手続きを終えると、即座に夕ご飯の時間です。

その日から数日はいつ病院から呼ばれるかもわからない状況、全く仕事もいけない状況でした。当然大好きなお酒も…



f:id:yunyun-fighter:20190525024607j:image

 

3.外部の協力を知る

ゆんゆんふぁいたーは日中は仕事をしておりましたのであまり昼間の子育てについて知りませんでしたが、こんな状況の子育て家庭を助ける協力は意外とあります。

・祖父母⇐これは人それぞれ。

子育て支援センター

・児童館

・一時保育

・公園

・近所さん

特に児童館や子育て支援センターは行けば子供は満足、大人も目だけ話さなければゆったりできます。最初の2週間はよく通いました。

また、近所の公園も平日は子育て世代がたくさんいます。話しかけられやすい顔?のゆんゆんふぁいたーはそこでお話したりして、少し気持ちが落ち着いたりしました。


f:id:yunyun-fighter:20190524055000j:image

ところで、一時保育は簡単に預かってくれそうな名前ですが、実際は保育園に入園するのとさほど変わらない準備物があり、とても大変です。またお金も1日5000円ほどと、結構かかります。

今回一時保育のために準備をしましたが、お昼寝布団など一式揃え、服など全てに記名、とんでもない時間がかかりました。
f:id:yunyun-fighter:20190525024949j:image

f:id:yunyun-fighter:20190525025100j:image

ですが、突如としてこんな状況になったゆんゆんふぁいたー一家にはこれらや、近所の子供達とのふれあいが一定の助けになりました。

ここで保育園に普通に入園できればなんとかもとの生活に近付ける、そう思ったところでした。

 

4.救急搬送〜転院

入院とはいっても、近所の産婦人科だし、歩いていけるから良かったね〜なんて話していたゆんゆんふぁいたー一家にはさらなる、苦難が待っていました。

切迫し過ぎる早産に対して県病院への救急搬送が夜中に指示されたのです。息子は眠るときに抱くライトニング マックイーンのぬいぐるみ1つだけを持って、急遽妻の実家に預けられ、私も病院の分娩室の硬いベッドで1晩すごしました。

この時ばかりは涙もろいゆんゆんふぁいたーは大泣き。妻を思っても息子を思っても泣けました。

が、本当はその後の自分のことを思ったほうが一番泣けたのかもしれません。自分が救急車に乗るのは何回もあり、何も思いませんが、妻が乗るのは堪えました。  

 

気づいたら2週間が過ぎ、庭の新芽も大きく、美しい緑色になっていました。
f:id:yunyun-fighter:20190525025400j:image

 

5.真の父と子の暮らしの始まり

はっきりと自覚したのはこの時。このままだと早産となっても2ヶ月入院、産まれなくても2ヶ月半入院です。助けてくれる人も妻の実家のみ。平日は皆無です。


f:id:yunyun-fighter:20190524060108j:image

迫りくる10連休GW。保育園や高額医療などできることはすべてGW前に終わらせる必要がありました。

 

○やること

・保育園の緊急入園手続き

・仕事の時短勤務の検討

・高額医療費の適用手続き

・家事

・看病

 

はっきり言って、色々な手続きに慣れたゆんゆんふぁいたーでも困難でした。となりには暴れん坊の2歳児連れ、上記を実施はとんでもない作業です。ただ、どれも必ず要ります。保育園の入園手続きができたらそこから入園物資を大量購入しなければなたません。

 

GW2日前に保育園を決めたゆんゆんふぁいたーは即座に会社→市役所→保育園→市役所と書類を持って駆け回り、1日ですべての手続きを終えました。

当然病院も回ってますが…。

おかげで、認可外保育園ですがGW明け1日目から入園できることになりました。慣らし期間は4日、まるで空母からのスクランブル発進ですね。

 

認可外保育園ですが、いわゆる私立みたいなもんです。認可保育園と違って収入によって費用が変わったりしません。一律です。未満児保育なんて意外と認可外のほうが安いです…。また、手続きが早く、すぐ入園できます。私は認可外保育園で少し小規模な方が良いのかな、と思いますよ。

 

6.安定した生活を目指して

そんなこんなで入園できた我が息子ですが、保育園を嫌がることなく毎日登園しています。そのことから、私の業務は、保育園の送迎、仕事(時短→定時になりつつある。)、朝と夜のご飯、掃除洗濯、妻の見舞い(週3回に減らしました)のセットです。

 

睡眠時間を多少削ってますが、なんとかなるもので、夜のご飯さえなんとか準備できれば普通に暮らせそうです。

もともと、少しはご飯が作れるタイプのゆんゆんふぁいたーですが、さすがに毎日の夜ご飯は初めて。スーパー男メシを恥ずかしながら公開。でも、息子は気に入って食ってますよ?



f:id:yunyun-fighter:20190525025731j:image


f:id:yunyun-fighter:20190525025917j:image


ところで、県病院は産婦人科への児童の入室を禁止していますので、見舞いの際は祖父母にあずけています。流石にどうしようもないですよね?でも、なんとか現在それ以外はすべて父親1人でこなせているようです。(仕事はほぼそっちのけですが…)

 

 

7.苦悩

ここまで来るのに、本当に悩み、苦労しました。吐きそうな咳もゲホゲホしてましたし、ストレス性の肩こり頭痛、胃腸の調子も悪かったです。

病院までの車中は何度も泣きました、イライラで両親にも八つ当たり、パチ屋の入口待ちのクルマを見るたびに苛立ってました。

 

現在も子供を寝かせてから夜中に家事、やっとのことで朝保育園につれていくという、ノーミスが要求される生活です。まぁ、こうやってブログ書いてますが(笑)

 

ただ、本当に辛かったのは今までと違って自分が元気なのに仕事できない、2人目の子供という、いわば幸せのために仕事をしない、という苦悩でした。そもそも今日明日の仕事をしていないと言われればそうなんですが、それでも仕事のやる気はメンタルの安定に繋がります。ゆんゆんふぁいたーの仕事はどっちかというと自分のやる気次第ですから、そのやる気が出ないことが、やる気があってもできないことが苦悩なんです。

 

あ、でも、ここまで続くと逆に、ノーミスで回せて仕事も定時まで働けた本日は少し幸せだったと思います。仕事っぽい1日でしたね。

 

既にお庭の木もこんなにフサフサに。悩み忙しい時間はもう1ヶ月半も流れています。


f:id:yunyun-fighter:20190525031543j:image

 

切迫早産は36週までは入院がほとんど。まだそこまででもゆんゆんふぁいたーの妻は4週間あります。

 

毎日新しい言葉を覚えて、いっぱい転んでいっぱい泣く2歳の息子はどれだけ見ても飽きません。そんな我が子に1ヶ月以上離れて暮らす妻も本当に辛いはず。

色々書いてもしょうがないですが、切迫早産の妻を待つ父と息子の生活について書いてみました。

 

同じ境遇となったお父さんたちの励みになれば。

 

ゆんゆんふぁいたー

 

JZX110マークⅡのこだわり!おさえておきたいオプション!110系マークⅡを中古車で選ぶならここを見ろ!

こんにちは、ゆんゆんふぁいたーです。

まだまだ妻不在で息子との2人暮らしを継続中のわたくしですが、たまには我がJZX110についても書いておこうかと思います。

 

私は過去にJZX100でドリフトしまくっていた経験から、現在のJZX110を購入、改造には細かいこだわりが実はあったりします。JZX100を買うとき既にJZX110は売っていましたが、電スロなどの問題で当時は手を出せませんでした。

 

ところが5年ほど前に、電スロをVプロ、パワーFC以外で解除する方法が確立され、わたくしゆんゆんふぁいたーは110系に乗り換えました。

 

当然、どこかのブログにも書きましたが、使い切れるレベルのクルマ作りです。ちゃんとドリフトできて、街乗り楽しい状態で、です。また、逆に譲れないオプションなどはかなり決め込んで中古車購入しています。

 

このこだわりが皆様と同じかは分かりませんが、確実に分かる奴が見れば差が出るポイントをまとめます。

 

1.JZX110を購入する最低限条件

まず、ドリフトに使うこと、さらに街乗りもオシャレに速いこと。その辺から考えるとまぁ、以下の2点が最低条件。

・iR-V(前期はグランデiR-V)

マニュアル車(載せ換えがいいかな)

 

2.メーカーオプション

他と差がつくポイントは特にここで生まれます。これはこだわりましょう。

・サンルーフ

後述しますがゆんゆんふぁいたーはこれが無いと乗りたくないってほどにサンルーフ愛好家です。え?チルトした姿のカッコよさわからない人いるんですか?(笑)

f:id:yunyun-fighter:20190519052430j:image

・リヤワイパーレス

この時代のクルマでは、レスオプションなんですよ?頼まないと付いてきちゃう…
f:id:yunyun-fighter:20190519181342j:image

・純正フルエアロ

社外エアロ好きな人でも純正フルエアロ車じゃないとドア下の細いモールが無くて買うことになりますので…
f:id:yunyun-fighter:20190519181329j:image

 

・革シート

格段に内装がきれいに、新しく見えるので革がよいです。ただ、スポーツ走行はできないのでバケットシート必須。

 

新車だとこれらのオプションだけでも100万円近くになってしまうような内容ですので中古車でもかなりレア&高額です。ただ、ここだけは妥協しないほうがいいです。変えるの大変ですから。まぁ、エアロはいいですけどね。

というか、最近は日本車はサンルーフ無いの多いですけど何なんでしょうか。日本人以外はサンルーフ基本つけますよ?

USDMの人なんかみんなサンルーフついてますよね。みなさんサンルーフほしくないのかな?近所の子供なんか、この車屋根に窓ついてるー!!って駆け寄ってきますけど。

 

このサンルーフ離れも多分最近の、若い人のクルマ離れと同じ理由なんだと思います。ゆんゆんふぁいたーが思うに、今の子どもたちも、今の若い人たちも、幼少期から車はみんな糞エコカー、アクアにプリウスティッシュボックスのような平均的ミニバンばかりを見て育っています。

そして、乗り込めばどれも標準化されて、モジュール設計された部品でできた内装。そりゃつまんないですよ。

 

ゆんゆんふぁいたーの若い頃、JZZ30ソアラや、FD3S、JZA80などの内装に本当に刺激を受けました。また、当時ミニバンなんてオデッセイが流行りだしたほどのころ。

マークⅡかローレル、いいとこクラウン、買えなきゃスポーツカーや四駆でしたからバラエティに富んでいました。

そんな変化が若い人のクルマ離れをジワジワすすめ、いまに至るのでしょう。

話がそれました。もどります(笑)

 

3.ディーラーオプション

ディーラーオプションは後からつけれるからディーラーオプションなんですが、既に12年も経ったクルマ、ヤフオクでもその部品自体が高値です。以下の部品もとんでもない値段になっていたりします。ので、付いているならラッキーくらいでさがしましょう。

 

・オールオートウィンドウスイッチ

これはスーパー便利です。当然すべての席のスイッチがオートです。
f:id:yunyun-fighter:20190518133105j:image

 

・スイングエアコンルーバー

JZX100ではツアラーV純正でしたよね。110 はオプションなんです。
f:id:yunyun-fighter:20190518133118j:image

 

・ミラーヒーター

地味にあると便利。

f:id:yunyun-fighter:20190518133212j:image

 

このあたりは分かる奴が見ると分かる、的な装備です。でも、付いてない人から見たらおおって思いますよ?

 

 

 

4.装着すべき純正部品

 

・グランデ前期メッキグリル

これはヤフオクなんかでも高騰してますよね。新品いくらだと思ってんだーって感じます。でもこれが一番かっこいいかな。


f:id:yunyun-fighter:20190519054148j:image

 

・グランデ後期リヤガーニッシュ

ゆんゆんふぁいたーのリヤガーニッシュはメッキの部分を無くして黒に塗装してます。結局iR-V純正に見えちゃうけど。
f:id:yunyun-fighter:20190519181410j:image

・ブリット用サイドステップ

ヒネリのないデザインでかっこいいです。ゆんゆんふぁいたーも欲しいですが、つけていません。誰か譲ってください…。

 

・ヴェロッサもしくは寒冷地仕様吊り下げペダル

これは標準化で改悪されたオルガンペダルをもとに戻すだけです。ドリフトしにくいっすよね、オルガンって。
f:id:yunyun-fighter:20190518143935j:image

 

 

5.装着すべき社外部品

・JZX100エアフロ

これは原価低減で改悪されたエアフロをJZX100のお高いエアフロに戻すだけ、です。

f:id:yunyun-fighter:20190519055632j:image

・スロットルコンバートキット

これは無駄な電子制御のために改悪されたスロットルを機械式に戻すだけ、です。
f:id:yunyun-fighter:20190519055659j:image

・リヤメンバーカラー

JZX100ではリヤメンバーの固定が6箇所だったので不要でしたが、JZX110では4箇所に減らされて、フニャフニャなので必須です。グリス塗って付けると異音少なめですね。


f:id:yunyun-fighter:20190526185743j:image

 

・前側デフマウントカラー

これは好みですが私はジュラコンがいいです。ギヤ音はここからはいってきますので。


f:id:yunyun-fighter:20190526185803j:image

・後側デフマウントリジッドカラー


f:id:yunyun-fighter:20190526185834j:image

 

 

 

6.載せ換え車で注意すべきこと

・JZX110用R154ミッションであること

シフトの位置を見た時に写真のようにど真ん中に来ているのと、ブーツを外してリンケージがなければほぼ110ミッションでしょう。

100ミッションより1速のシンクロがいいこと、リンケージがないのでカチッとしていることからゆんゆんふぁいたーは110 ミッションが好きです。


f:id:yunyun-fighter:20190518133422j:image

・ATコンピュータかMTコンピュータか

これは好みですが純正MTのほうがアクセルレスポンスが悪いと言われています。特に閉じ側。確かにJZX100でもスロットルにダッシュポットがついていたりしましたよね。

JZX110ではコンピュータ起因との情報があります。スロットルコンバートキットをつけるのですが、部分的に電スロ範囲が残りますので、その範囲のレスポンスも考えてATコンピュータをおすすめします。

 

・ORCクラッチなら409Dでないこと

中古車買うと、強化クラッチがついてることがよくありますが、ORCの409Dは避けるべきですね。確実に純正以下です。繋がりはメタル特有の気持ちよさがありますが、ブーストアップレベルですぐ滑ってしまいます。

559D以上がおすすめです。

 

7.ゆんゆんふぁいたー的こだわり

ここからは完全に個人的なこだわりです、やるとかっこいいはず、と昔から信じています。

・ルーフウイング

f:id:yunyun-fighter:20190519054221j:image

・トランクウイング

f:id:yunyun-fighter:20190519054234j:image

そして、上記とサンルーフの3点のイメージを揃えるとかっこいいですね。これはこだわりですが、セダンを横から見たときにこの3点でビシッとするのが、感じられるはずです。

 

・本物後期であること

JZX100時代には前期車両だったことから内装はダッシュボードから、フロアカーペット、シート、内張りまで後期に変更したゆんゆんふぁいたーですので、そもそも前期買うという選択肢がありません。

 

 

以上、またまたたくさん書いてしまいましたが、最後の1JZ、最後のマニュアルFRターボセダンとして未だ現役のJZX110について語りました。

最近の使い捨てエコカーなんかより味もあってパワーもある。耐久性だってあります。確かにこのへんのクルマは高騰してきて高いですが、クルマ離れといわれる世代のみなさんにも是非味わってみてほしいなぁと思います。

 

そして、かっこいいJZX110をしっかり残していきましょう。

 

ゆんゆんふぁいたー

 

ぎふ清流里山公園(旧昭和村)に2歳の息子とスーパーカーを見に行ってみた!

こんにちは、ゆんゆんふぁいたーです。

GW2週間前に妻が切迫早産で入院となってすでに3週間、仕事もそこそこに生活を維持するのに奔走しているゆんゆんふぁいたーですが、たまにはどこかに息子を連れて行かないと、と考えていたときにこのJAFのイベントを広報誌で見かけました!

なんとなんと、スーパーカー20台がワタクシの子連れ移動範囲内となる岐阜県美濃加茂にくるというのです。

 

現在、切迫早産の最強レベルの我が妻は息子の面会すら禁止。妻はともかく息子自身ストレスMAXなわけです。この機会を逃すわけにはいきません。


f:id:yunyun-fighter:20190512143302j:image

昭和村が無料化されたのは知っていましたが、なかなか行くタイミングがなく、私自身も行ったことがありません。過去に夜駐車場に溜まっていたことがあったくらいです。

 

ちなみにゆんゆんふぁいたーの息子は現在2歳、私のせいで猛烈なクルマ好きです。

トミカだってこーんな状態です。とにかくランボルギーニだいだいだいすき★まぁ、35GTRなら比較的近くにありますが(親戚の家にもあります)、ランボルギーニはなかなか街中にはありません。
f:id:yunyun-fighter:20190512144524j:image

そんなことから父と息子の2人で行ってきました!本日は猛烈にいい天気!まるで夏です。干からびないように午前から突撃!!

1.駐車場~入口

 

駐車場に入ると、見たことないものが…。昔はこんなものありませんでした。若いころ夜はよくこの近辺に遊びに来て、ちょこっとコーヒー飲むのに立ち寄りましたが、こんな目立つものはなかったです。

それにしても一風変わった遊具!!息子も興味しんしんでしたが、これは6歳から限定。残念ですが2歳の子には使えませんでした。
f:id:yunyun-fighter:20190512121056j:image

今まで見たことない遊具ですが、3次元的でとっても楽しそうです。このデザインで、安全まで考えられているのでしょうから立派なものです。もう少し息子が大きくなったら是非連れて行ってあげようとおもいます。

ちなみに、この遊具は無料でしたので、大きいお子さんならすぐ遊べます。直射日光には気を付けましょう。


f:id:yunyun-fighter:20190512121138j:image

 

入口までは広くてきれい。トイレや足湯、銭湯?もあり、サービスエリアの一面も持っています。ベビーカーで来ている人もたくさんいましたが、園内は段差がほぼないので、ベビーカーでも楽ちんですよ、ただ、坂は結構ハードです。
f:id:yunyun-fighter:20190512121226j:image

 

イベントについては場内にもしっかり掲示があります。本日5月12日はスーパーカーイベントの他にも多文化交流イベントもやっていました。
f:id:yunyun-fighter:20190512121251j:image

さて、入ろうとすると昭和村時代の名残、いかにもお金かかりますって見た目の門が現れます。当然無料ですからそのまま通れます。
f:id:yunyun-fighter:20190512121316j:image

 

こんな地域密着なお店があるのも田舎風なんでしょう、花フェスタにもありましたが、苗を売っています(笑)
f:id:yunyun-fighter:20190512121351j:image

さて、ここの日陰すぎるとしばらく日陰はありません。わたしは初めてでしたので覚悟を決めていなかったこともあり、直射日光と長距離の歩行&だっこで爆死しました。2歳児には全域の歩行は困難ですし、春とはいえ直射日光も殺人的です。

これからの季節に行かれる方はしっかり準備しましょう。また、ふだんいらないベビーカーも持って行ったほうが良いかもしれません。

ベビーカーについては、ほかのブログに記載しましたので是非ご覧ください。

f:id:yunyun-fighter:20190512121427j:image

 

このグリーンティーみたいなやつは水槽です。私の息子はとっとだぁ〜って喜んでいましたが、緑色過ぎますよね(笑)

中の魚も見てる息子も楽しそう。なら多少緑でもいいかなぁと錯覚。
f:id:yunyun-fighter:20190512121455j:image

 

2、内部

 

中に入ると、体験型のお店や、食事が取れるお店がたくさんあります。子連れの父と息子には不可能なお店ばかりですが、すこし大きめの子供なら楽しめそうなところです。

ちなみにこちらはそば打ち??
f:id:yunyun-fighter:20190512121547j:image

こちらも体験教室というもの。多くが体験型、当然このへんは有料ですが、価格は良心的な範囲です。
f:id:yunyun-fighter:20190512121622j:image

新緑が美しく、いきなり父と息子の2人暮らしになって疲れた心を癒してくれます。が、このあと、容赦ない坂と日光とだっこで体は・・・・。
f:id:yunyun-fighter:20190512121705j:image

 

3.イベント

多文化交流イベントという名前ですが、何やら日中からバーベキューのノリ…岐阜県東濃地方はブラジル人がたくさん。完全にブラジル人との交流会ですね(笑)

昔は街中が色とりどりのツアラーVで、信号で止まると、ツアラーVに乗ったブラジル人か、よく声をかけられました。JZX90が会社の駐車場に何台もいましたし、純正色なんてほとんどいませんでした(笑)

おそらく本当の多文化交流は自然とツアラーVでできていたのでしょうでしょうね(笑)
f:id:yunyun-fighter:20190512121747j:image

中国関連やモンゴル?もすこしありましたが、そもそも中華料理屋以外では集団で自転車に乗り大声でしゃべり続ける怪しいやつらしかいません。交流ですか、そうですか・・・・。
f:id:yunyun-fighter:20190512121820j:image

そうそう、こんなブラジル系のお店が東濃地方にはたくさんありますもんね。ちなみにゆんゆんふぁいたーはそんなブラジル系のお店が結構好きです。ノリは明るいし、ごはんも意外とおいしいんです。

勇気を振り絞って入ってみるといいですよ。海外旅行とか好きな人なら、楽しめます。
f:id:yunyun-fighter:20190512121850j:image


f:id:yunyun-fighter:20190512121921j:image

 

4.移動について

たくさん書いていますが、園内の移動は本当につらいです。距離もすごいですし、坂もあります。行きは歩きでも帰りはぜひこのバスを利用しましょう。子供のことも考えると安いもんです。ちなみにゆんゆんふぁいたーは停留所がわからず帰りも歩き・・・ほぼ瀕死の状態で帰りましたよ・・・。
f:id:yunyun-fighter:20190512122001j:image


f:id:yunyun-fighter:20190512122055j:image

 

5.体験系施設

 

こんなハイレベルアスレチックも実はあります。小学生くらいならこれはかなり楽しいでしょう。安全ハーネスとヘルメットを装着したわんぱくキッズが果敢に挑戦していました。かなり高所ですので、親のほうがつらいかと思います。
f:id:yunyun-fighter:20190512122136j:image

 

 

ちなみにゴーカートもあります、こちらは2人乗りですが、ちょっとレベル低めです。我がJZX110になれた息子はあまり乗りたがりませんでした(笑)

f:id:yunyun-fighter:20190512123342j:plain


f:id:yunyun-fighter:20190512122247j:image

ほかにも、巨大芝すべり台、なぞの偽セグウェイなどいろいろあって、小学生あたりには堪らないでしょう・・・。

f:id:yunyun-fighter:20190512123444j:plain


6.スーパーカー展示

 

ついに到着スーパーカーコーナー。こんな園内の最奥でやるなんて、お父さん殺しも甚だしいですよ!!すでに汗だくへとへと。子供だってちょっとご機嫌斜めです(笑)

でも、やっぱり見ると豹変、ウラカンだ~!!って飛んでいきます。※ウラカンの展示はなく、ランボルギーニアヴェンタドールディアブロカウンタック、でした。我が息子は2歳ですがすでにウラカン、ウルス、ディアブロを覚えているので、ディアブロを連呼していました・・・。
f:id:yunyun-fighter:20190512122321j:image

カウンタック!!!アヴェンタドール!!カウンタックなんて日光にさらしていいんでしょうか・・・。
f:id:yunyun-fighter:20190512122347j:image

ディアブロ
f:id:yunyun-fighter:20190512122456j:image

 

フェラーリ!!いっぱいですねぇ。

f:id:yunyun-fighter:20190512122545j:image


f:id:yunyun-fighter:20190512122619j:image

おろち!!!おろち!!!ウルトラマイナースーパーカーですね(笑)
f:id:yunyun-fighter:20190512122647j:image


f:id:yunyun-fighter:20190512122717j:image

Drive 4 Paul・・・そうですね。ブライアンオコナー、2013年でした。

今でもよくワイスピを子供と見ますが、かっこいい俳優でしたね、スタントもセルフドライブなんてカッコよすぎでした・・・。
f:id:yunyun-fighter:20190512122814j:image


f:id:yunyun-fighter:20190512122423j:image

 

7.その他

気球とか動物とか色々ありますが、気球は風ですぐに中止、羊は寝不足か寄ってこず、馬は対象年齢上不可、ということで最奥まできたものの、あまり体験できるところはなかったです。

ただし、すでに息子もわたしも体は疲れ切り、帰るのがやっとの状況でしたのでちょうどよかったです。
f:id:yunyun-fighter:20190512123043j:image

初めての気球に興奮していた息子でしたが…風で撤収〜!まだ11時前だったとおもいますが(笑)
f:id:yunyun-fighter:20190512123021j:image

あとはアヒル?白鳥?のフネ、スワン。
f:id:yunyun-fighter:20190512123118j:image
これが乗馬。
f:id:yunyun-fighter:20190512122950j:image


f:id:yunyun-fighter:20190512123158j:image

f:id:yunyun-fighter:20190512123235j:image

色々あるんですが、2歳児と一緒に楽しめるのはなかなか少ないですね。でも、スーパーカー含め、息子はとっても楽しんでくれました。

また、ゆんゆんふぁいたー自身も。

 

スーパーカー

35歳のゆんゆんふぁいたーが20代にやっておいて良かったこと、今思う20代でやるべきこと〜仕事編〜

こんにちは、ゆんゆんふぁいたーです。

本日は前々回の20代ですべきことの第2弾、お仕事についても語りたいと思います。現在わたくしゆんゆんふぁいたーは35歳、仕事についてはだんだん、同じ同期入社でも差が出て、ひとりひとりが自分の限界、定年までにたどり着くところを認識してくる年齢です。

仕事についてのお話はいろいろありますが、ビジネス書や自己啓発本を読んだり、いろいろ試せることは実践してきた私の持論を展開させていただこうかと思います。

0.背景 

 

現在ゆんゆんふぁいたーは機械設計業務をやっております。特に、開発という立場にいます。現時点での立ち位置としては、中間管理職一歩手前、役職のつかない中の一番上のグレードになったところです。

まぁ、そのグレードは年齢によるものですので早い遅い関係はないですね(笑)

私個人としては、現在までへたくそなりにも努力を欠かさず一定の成果を認められつつあるという位置にいると思っています。当然、群発頭痛をもっていることや、単純なやらされ仕事を嫌うなど業務上使いにくい人間かもしれませんが、日中寝るということもなく、基本的には一日の仕事の時間は精一杯。力が出ないときはそれを悩むくらいです。

 

おかげ様で社外向け技術報告や、新製品プレゼン、いくつかの展示会への開発品出展、また業界紙への寄稿など、多岐にわたって開発系のお仕事をやらせていただけております。そういえば社内外でいくらか賞をいただいたこともあります。私のやってきたこと、仕事編、を遊び編と同じように、段階に分けてお話をします。

ちなみに、前提条件として、私ゆんゆんふぁいたーは昇進のために仕事はしていません。そして、デキる(仕事から集まってくるような人っていますよね??)やつにもなろうとしてはいません。

人が驚くすごいことを、また子供に自慢できる仕事をしたいだけです。結果として昇進につながる可能性はありますが…そんなところは目標として持ってはいません。

 

1.入社後すぐ

一定の大きさ以上の企業の場合、入社するとすぐ同期入社の新入社員ばかりを集めて数か月、みっちり研修を行うと思います。今から思えばこの時ばかりはゆんゆんふぁいたーも寝てたと思います。仕事に直結するような楽しそうな話はしっかり聞いてましたが、やはり座学であり、本当に関係なさそうな(今でもそう思うような内容)時間は寝てました。

 

正直、今同期入社を見回してみると、当時寝てたやつがどう、とか関係ない気がします。また、直接的な野心を抱いていた人もやはりいましたが、「最速で**課長になる」とか、「技術といえば**開発だ」とか、お話していた人たち、いわゆる「自分に看板が欲しい人」について凄い噂のようなものは聞きません。

ただ、入社時から「少し輝いていたやつ(仕事のなんとか、ではない)」がいろいろ噂に聞くやつになっている気がします。

 

そういう意味では能力以上の成果を出すためには、「同期内でも印象の残るやつ」である必要があるでしょう。でもでも、入社早々の人間の集まりなんて「学生から数か月たったやつら」の中ですので、「仕事で印象」ではありません。

自分が人と違うところを上手にさらけ出して、印象をつける

ということを集合研修内でやっておくといいと思います。数年後くらいから、別々の配属先から「同期だから」という理由でメールや電話が来るようになりますが、その時から一緒に何かやったらおもしろい人の第一歩を踏み出せるからです。

 

2.配属後

 配属後は、数年~定年まで?一緒に働く人たちと一緒に生活が始まります。このときのゆんゆんふぁいたーは本当に車と女と酒?みたいなやつだったと思いますが、欠かさなかったことがいくつかあります。

「あいさつ」「定時後つきあい」「個人的先輩」

正直、あいさつなんて言われなくてもって人ばかりだと思いますが、それが最近そうでもありません。挨拶できない人たちが大量発生しています。であれば、挨拶するだけで印象だけなら一歩出られるかもしれません。

 

また、最近の若いやつは飲み会来ない、なんてよく言われますが、大企業の末端に入るわけですから、最近の流儀など関係ありません。さすがに昔ほどたばことギャンブルの連れ誘いはないですが、仕事の仲間と話ができる機会を逃してはいけません。

 部署に配属されたら挨拶を欠かさずし、定時後の付き合いにも積極的に出席。

これで、ファーストステップは問題ないと思いますが、次のステップはそのなかから

 

個人的先輩、いわゆるメンター&メンティの関係を「自分で」作ることです

そうすることで、表面的な付き合いではわからない仕事のノウハウや不満を聞くことができたり、すでに先輩が作った電話帳的な情報で動きやすくなります。大事なことは「自分から」ということです。

 

これができたら、あとはとにかく若さを武器に遊びと仕事の両立を考えるだけです。

 

3.配属から数年(後輩ができるまで)

ここでは入社から数年までの働き方を考えましょう。最近の傾向として、このような発言や意見が聞かれます。

「大学まで出て、こんな単純作業をやらされるなんて」

「こんなことをするために大学出てない」

そう、私ゆんゆんふぁいたーも同様のパターンとなりそうになったことがあります。開発品の出荷検査を数か月することになったときです。おそらく、一般的な大学卒の人であれば同じことを思うでしょう。ここで、上記のダダをこねてもしょうがありません。

ここで、私は以下の2つの考え方で、乗り切りました。思えばこの体験が今もすごく生きています。

「こんな作業だけど、いかに早くできるか改善をするため体験する」

「わたしがやったら、他人がやるよりこんなに早く改善できる」

 

若いころはどんな仕事も受け取る、でよいです。

大切なことは、人と違う色付けを仕事にすることです。

 

 

結局、大学出たくらいでは、仕事の色の付け方なんてわかりませんし、言われたままの方法で、早くこなすようなレベルでしかよくなりません。

もう一点非常に重要なことがあります。とくに、入社から数年が経ってくるとふえてくるとおもいますが、「わからないことを聞けない、失敗を報告できない」ことです。いわゆる隠蔽体質となるのですが、何歳になっても恥ずかしがらず聞くこと、失敗を報告することは重要です。

簡単に書けばいつものアレになりますが「報告連絡相談」です。

 

 

4.後輩ができる頃

上記のとおり、仕事と遊びに全開で、若い期間を過ごせば過ごすほど仕事の意味や長い目で見た仕事のやり方改善など、たくさんの疑問が浮かぶかと思います。

逆に、なにも思わず淡々と仕事をこなしたり、なにもできずに夜までいたりする人もいますが、そういう人種と考えるか、まだ仕事と遊びに全開ではないと捉えるかのどちらかです。後者にあたる人はたくさんいます。なぜ仕事をしているのか、なぜ夜まで毎日人生を費やしているのか、時間がお金に換える場所にいるだけというのが当たり前と思ってしまっているのです。

 

そんな疑問を解決し、進んでいくのがこの後輩のできる頃でしょう。仕事も増えてきて時間的制約も増えてくる頃です。

 

このタイミングですべきことは後輩に対し個人的先輩に選ばれるような人となり、信頼される人となる。

悪く言えば小さな派閥を、築くことです。

それはつぎに語る夢を叶えるためだと思います。

 

5.企画を担うとき

 

自分が開発リーダーとなって初めて動いたのは30歳位だったでしょうか。このときには小さな派閥が本当に力を貸してくれました。

 

リーダーは脳ミソフル回転で企画を作り、方針を伝え、進捗を管理するいわば旗振り、船長です。小さな派閥はこのときから船員になっていきます。当然ですが、急に船出するために船員をかき集めても、そんな船員は話すら聞いてくれず、しまいには反対勢力になるでしょう。

会社で夢を叶えるためには、陸にいるときから小さな派閥をつくって船員になりそうな人に夢を理解してもらわなければなりません。

 

企画を担う立場になるととたんに孤独に思えます。ですが、そこは小さな派閥、船員と話し、飲み、笑うを欠かさず、明るく楽しむ必要があるでしょう。

 

また、リーダーとはいえ一つ一つの小さな仕事にもしっかり興味と確認を行い、時には触ってみるべきです。

 

大きな波と小さな波がきたとき、大きな波ばかりに対策をうっていると、小さな波に不満をもった人達の意見が尊重されず、いつしか反対勢力となることもあります。すべての波をしっかりみて、包容する船長を目指しましょう。

 

 

6.ゆんゆんふぁいたーの仕事の考え方 

 よく言われることに、こんな話があります。

「あの人はよくできるから仕事が集まるよね」

本当にそうなんでしょうか。

 

「あの人が作ったやり方で仕事がうんと楽になった、すごい人だ」

 

ゆんゆんふぁいたーの考え方はもう一段階段を登るところです。

 

「あの人のやり方を真似したらだとめんどくさい仕事自体を無くすことができた」

 

新しい近道を拓き、招き入れる。自然に近道を自発的に通りたくなるようにすることで、業務が集まってくる、デキる奴にならないことが大事だと思います。

 

力技でも仕事はできますが、レバレッジ1倍の仕事を何人でやっても人数倍です。逆にレバレッジ5倍の3人なら最小15倍、最大125倍です。仕事にレバレッジってよく私は言いますが本気で大事です。

 

このことを考え始めたのはおそらく今の設計開発の部署に移る前、開発実験の頃です。耐久評価を自立運転させる数を増やし、勝手に試験機に仕事をさせ、その間に報告書を量産、また報告書をフォーマット化して、できた時間に試験機の設計をしていました。

思えばやる気はその頃MAXでしたでしょうか。今は35歳で仕事に夢を保つことに多少やる気を使っていますので当時よりはへってますね。これは仕方ないことです。

 

どんな歳になっても夢をもつ、ということができる人は限られますし、次第に家族を食わせるため、子供を育てるため、というただ稼ぐ仕事になっていく人がほとんどです。

 

家族も子供も大切ですが、本当に大切なことは仕事に家庭に本気、ということではないでしょうか。

 

Have a good Life!

ゆんゆんふぁいたー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3輪ベビーカー比較!!クイニージャズ(Quinny Yezz)、クイニーザップ(Quinny Zapp)、コサットギグル(Cossato Giggle)のレビュー

こんにちは、ゆんゆんふぁいたーです。ながいながい10連休もすぎ、やっと仕事を。。。。というタイミングですが、GW前から妻が切迫早産で入院するというゆんゆんふぁいたー一家は危機的状況に陥っております。

 

そんなわけでブログのアップができていませんでしたが、やっとおちついてきたので前々からまとめておきたかった3輪ベビーカーのレビューについて書いていきたいと思います。

 

0.ベビーカーについて

子供が生まれるまで、ベビーカーなんてなんでもよいと思っていたゆんゆんふぁいたーですがいざ選んでみると、やはりタイヤのついているものですから、カッコよさの違いに気づかされます。

その中でもやはり際立つのが3輪ベビーカーではないでしょうか。最近こそよく見るようになった3輪ベビーカーですが、少し前までは海外製しかない状況だったようです。

国内メーカも参入してきて選択肢も広がったようですが、見比べるとやはり、海外製がかっこいいです。国内製の3輪を買うなら4輪でいいやって思うほどです。

そんな思い入れのせいか、まだ1人しか子供がいないのにすでに3台のベビーカーがあります。せっかくなのでレビューいたします。

写真はひだりから、コサット製ギグル、クイニー製ザップ、クイニー製ジャズです。

う~ん、おしゃれ・・・。


f:id:yunyun-fighter:20190507152240j:image

 

1.Quinny Yezzとは

クイニージャズとは、オランダのクイニー社の軽量B形ベビーカー

【通常時】高さ:105.5cm 幅:56cm 奥行:75cm
【折りたたみ時】高さ:23.5cm 幅:27cm 奥行:68.5cm
【対象】:生後6ヶ月~体重15kg
【重量】:5.6kg

【定価】:30000円(税抜)


f:id:yunyun-fighter:20190507152512j:image


 

2.Quinny Zappとは

クイニーザップとはオランダクイニー社のB型ベビーカー(オプションでA型にも)

【通常時】高さ:104cm 奥行:80cm 幅:58.5cm
【折りたたみ時】高さ:30cm 幅:27cm  奥行:69cm 
【対象】:生後6ヶ月~体重15kg ※マキシコシ(別売り)の併用で新生児から使用可
【重量】:7.4kg

【価格】:22000円


f:id:yunyun-fighter:20190507152402j:image


3.Cossato Giggleとは

コサットギグルとはイギリス発祥のベビー用品メーカーコサットの1人乗りA型ベビーカー、バシネット付きです。

折りたたんだとき: 幅:97cm×奥行き:60cm×高さ:25cm
開いたとき: 幅:100cm×奥行き:60cm×高さ:100cm
座面の高さ:60cm

【通常時】高さ:100cm 奥行:60cm 幅:100cm
【折りたたみ時】高さ:25cm 幅:97cm  奥行:60cm 
【対象】:生後6ヶ月~体重15kg (バシネット:生後0~6ヶ月)
【重量】:8.5kg  (バシネット使用時9.8kg)

【価格】:66000円


f:id:yunyun-fighter:20190507152437j:image

 

4.詳細レビュー

◎Quinny Yezz:クイニージャズは本当に軽いです。また、畳んだ時もとてもコンパクトです。3輪でしっかりしているため、軽量とはいってもガシガシ使える印象です。

見た目の点では、ホイールがインラインスケートのような透明なホイールで、スタイリッシュ、また布部分も一風変わった張り方でとってもおしゃれです。

B型ベビーカーは少し大きめの子供向けなので、歩き疲れた時や眠くなった時に使うものです。そのため、畳んだり広げたりの回数も多く、荷物になることもありますので、その点クイニージャズは最高といえます。

ただし、乗り心地の面ではA型に劣りますし、クイニーザップにも劣ると思います。

①折り畳み時;かなりコンパクトです。
f:id:yunyun-fighter:20190507152550j:image

②畳み方;このようにハンドルのボタンを押して、足でレバーを下げます。
f:id:yunyun-fighter:20190507152628j:image

③ブレーキ;右足がブレーキ、左足が解除です
f:id:yunyun-fighter:20190507152648j:image

④ベルト;最低限ですが、止めやすいです。
f:id:yunyun-fighter:20190507153241j:image

⓹フード;小さくて少し頼りないですね。。。
f:id:yunyun-fighter:20190507153300j:image

 

◎Quinny Zapp:クイニーザップは畳むとコンパクトになる割に、広げるとしっかりしたベビーカーという印象。そのため、メインで使用するベビーカーにえらんでもよいと思います。わたしは旅行用として購入しましたので、スーツケースに積んで移動しましたが、正直少し重いとおもいます。旅行などの使用であればクイニージャズのほうがいいです。逆にそれ以外ではザップのほうが乗り心地や操作性、荷物の積載量などで良好と思います。

畳みやすさ、広げやすさはやはりクイニージャズですが、クイニーザップでも不便に感じるほどではありません。

 

①折り畳み時;サイズは小さくなります。
f:id:yunyun-fighter:20190507152710j:image

 ②畳み方1;グレーの部分を足で押します。

f:id:yunyun-fighter:20190507152840j:image

②畳み方2;両側面のボタンを押します。
f:id:yunyun-fighter:20190507152909j:image

③ブレーキ;ジャズと同じです。ただ、こっちはワイヤーが出ています。
f:id:yunyun-fighter:20190507152926j:image

④ベルト;肩パットがついていますので多少子供にやさしいです。
f:id:yunyun-fighter:20190507153314j:image

⓹フード;比較的大きく、サイドはクリアになっていて横が見えます
f:id:yunyun-fighter:20190507153328j:image

 

◎Cossato Giggle:持ち運びのことを考えるとあれですが、最強のベビーカーだと思います。ゆんゆんふぁいたー家でもかなり重宝しました。

バシネットは新生児の移動に欠かせませんし、それがセットになったベビーカーだと思えば値段も安く感じます。また、イギリス発祥というブランドもおしゃれです。

ただ、とにかく重い、畳んでも小さくならない、いい意味でも悪い意味でも派手なので目立ちます。車幅もあるので、電車なんてもってのほかです。車に積むにも結構場所を取ります。

子供最優先で考えたらとってもいいですが、親は苦労しますよね。

①折り畳み時;畳めていますかね・・・。
f:id:yunyun-fighter:20190507152958j:image

①折り畳み時;畳んでも自立しません・・・。
f:id:yunyun-fighter:20190507153112j:image

②畳み方;このボタンを押しながら、スライダーを動かします。簡単です。
f:id:yunyun-fighter:20190507153021j:image

③ブレーキ;真ん中のペダルを前に踏むとブレーキ、後ろに踏むと解除
f:id:yunyun-fighter:20190507153047j:image

④ベルト;とってもしっかりしています。長さ、位置すべて調整可能です。
f:id:yunyun-fighter:20190507152326j:image

④フード;こちらもしっかりしています、南国の直射日光も通しません。
f:id:yunyun-fighter:20190507153356j:image

 

 

5.比較レビュー

以下の写真の通り見比べると、同じ海外製3輪とはいえ、全く見た目も異なります。

コサットギグルは使い勝手よりも子供の乗り心地や過ごしやすさを重視していますし、逆にジャズは海外旅行などの移動にも快適な使い勝手を持っています。

 

私個人としては、新生児はコサットギグル、ある程度大きくなったらジャズ、という使い方がいいかなぁと思います。とくに海外旅行などに行く場合にはクイニーザップでもまだ重くてつらいのです。


f:id:yunyun-fighter:20190507152240j:image

また、ハンドルについても縦型ハンドルよりも慣れた横型ハンドルがすきですね。
f:id:yunyun-fighter:20190507153150j:image


f:id:yunyun-fighter:20190507153223j:image

 

以上、3台の3輪ベビーカーを比較いたしました。いかがだったでしょうか、皆さまもお子さんにぜひ3輪ベビーカーをご検討くださいませ。